WordPressの基本設定:「WPの初期設定って何するの?」って人向けにすもブロの設定を公開

ワードプレス初期設定

  • WordPressブログを立ち上げたけど…どこから手を付けて良いか分からない
  • メニュー多すぎ…初期設定ってどうやるの?

 

すもベビ

そんな悩み、すもベビが解消します。

 

サーバーやらドメインやら慣れない言葉にクラクラしながらWordPressブログを開設

…したと思ったら、今度は意味不明な言葉の並んだダッシュボード…

もうダメ…

 

これ、私が初めてWordPressでブログを作ったときの感想です。

ググってみましたが、どの記事も書いてあることが違ってさらに混乱…

 

これからWordPressを始める人にはこんな経験をしてほしくない!

そう思ってWordPressの初期設定について書きました。

 

「え、似たような記事が一つ増えただけ?」

 

確かに書いてあるのは基本的な設定なので、オリジナルというわけではありません。

でもこの記事では、「すもブロ」で実際にやっている初期設定を公開しています。

 

ブログ歴5年、100以上のWordPressブログを作る中で悩みながら掴んだ設定方法です。

完ぺきではないかもしれませんが、SEOやユーザビリティーの基本は押さえていますし、後になって後悔しない設定にはなっています。

 

この記事で分かること
  • すもブロ式のWordPress初期設定

 

これからWordPressブログを開設したいという人は、下の記事を読んでください。

【図解】mixhostでWordPressブログを作る方法を日本一わかりやすく解説

 

WordPressの基本設定(初期設定)は6つ

WordPress初期設定

WordPressブログの基本設定は6つあります。

  • 一般:ブログのタイトルやURLの設定
  • 投稿設定:記事や固定ページの設定
  • 表示設定:コンテンツなどの表示の設定
  • ディスカッション:コメントやピンバックの設定
  • メディア設定:画像サイズの設定
  • パーマリンク設定:記事や固定ページのURL(パーマリンク部分)の設定

 

WordPressの基本設定をする場所

ダッシュボード画面の左にあるメニューから「設定」を押すと、下の画像のような画面が開きます。

「一般」から「パーマリンク設定」までの6つが基本設定の項目です。

ワードプレス初期設定

 

以下、各項目について解説していきます。

 

MEMO

すもブロではデフォルトのまま触っていない項目もありますが、説明は全ての項目について書いています。

 

「とにかく早く設定を済ませて記事を書きたい!」という人は、各項目の画像のとおり設定すれば、「すもブロ」と同じ設定にできます。

 

特に重要な項目には「★」マークを付けています。

 

WordPressの基本設定①:一般

WordPress初期設定

まずは一般設定です。

ワードプレス初期設定 ワードプレス初期設定

 

★サイトのタイトルとキャッチフレーズの設定

一般設定で最初に決めるのがサイトのタイトルとキャッチフレーズです。

ワードプレス初期設定

 

サイトのタイトル

最初はサーバー設定で入力したブログ名が入力されています。

別のタイトルに変更する場合は、ブログのタイトル欄に入力しましょう。

 

タイトルはブログの看板です。

覚えやすく親しみやすいタイトルをつけましょう。

ポイントは5つです。

  • 日本語
  • 漢字仮名交じり
  • 文字数は2~6文字
  • 口に出して言いやすい
  • 長くする場合はインパクト重視

 

すもベビ

ヒトデさんの「今日はヒトデ祭りだぞ」とかは長くてもインパクトありますよね。

 

キャッチフレーズ

空欄にしておきます。

サーバー設定で入力していた場合は消しましょう。

 

キャッチフレーズのテキストは、通常はメタディスクリプションとして扱われます。

でも、使用するテーマによっては見出しタグ(h2)やタイトルタグで囲われることがあります。

見出しタグなどとメタディスクリプションで同じテキストを使うのは、SEO対策として好ましくありません。

 

そのため空欄にしておきます。

 

すもベビ

キャッチフレーズを設定したいなら、使用するテーマのカスタマイズで設定しましょう。

 

★WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の設定

WordPressでは2つのアドレスを設定できます。

ワードプレス初期設定

 

  • WordPressアドレス:WordPressのデータが保存されているアドレス
  • サイトアドレス:サイト(ブログ)を表示するアドレス

 

2つのアドレスを同じにする

上の画像のとおり2つのアドレスが「https://【ブログのドメイン(URL)】」となっているのが正しい状態です。

契約しているサーバーによっては、「https://【ブログのドメイン(URL)】/wp/」となっていることがあります。

その場合は「https://【ブログのドメイン(URL)】」に変更します。

 

すもベビ

/wp/というのはWordPressが入っているディレクトリなのです。

よく分からなくても、設定するのに支障はありません。

 

「http://」→「https://」に変更

今のブログは「常時SSL化」をするのが基本です。

サーバー設定で常時SSL化していれば、2つのアドレスは「https://」となっています。

もし「http://」のままなら「https://」に変更しておきましょう。

 

すもベビ

常時SSL化というのは、データの暗号化して送受信する仕組みを常に利用する状態にしておくことです。

 

注意

WordPressアドレスを間違えると、アクセスできなくなります。

 

修正方法はありますが、初心者にはハードルが高いので絶対に間違えないようにしましょう。

 

サイトアドレスと一致しない場合も、WordPressアドレスは触らないでください。

 

メールアドレスの設定

ワードプレス初期設定

 

設定したメール宛にログイン、コメント、被リンクなどの情報が届きます。

サーバー設定で入力したメールアドレスが入力されているので、普段使いのアドレスを設定しておきましょう。

 

メンバーシップと新規ユーザーのデフォルト権限グループ

ワードプレス初期設定

 

すもブロはデフォルトのままです。

 

WordPressには、複数人が同じブログを運営できる機能が搭載されています。

「メンバーシップ」と「新規ユーザーのデフォルト権限グループ」は、いずれも複数人で運営するときの設定です。

一人で運営する場合には不要なのでデフォルトのままにしておきましょう。

 

サイトの言語

ワードプレス初期設定

 

日本語に設定します。

 

海外でWordPressを立ち上げた場合、現地の言語や英語になっていることがあるので変更しましょう。

 

タイムゾーン・日付のフォーマット・時刻フォーマット・週の始まり

ワードプレス初期設定

 

日本に住む人向けのブログの場合、デフォルトのままでOKです。

海外在住の人向けのブログを作る場合、現地のタイムゾーンに合わせておきます。

 

すもベビ

海外在住の場合、タイムゾーンが現地時間になっていることがあるので日本時間に変更しておきましょう。

 

WordPressの基本設定②:投稿設定

WordPress初期設定

次は投稿設定です。

ワードプレス初期設定

 

すもベビ

必須項目はないので、急ぐ人は飛ばしてもOKです。

すもブロは全ての項目についてデフォルトのままにしてあります。

 

投稿用カテゴリーの初期設定

ワードプレス初期設定

 

すもベビ

画像は海外版です。

日本語版の場合、「未分類」と表示されます。

 

すでにカテゴリーを作成している場合、この項目から初期設定にするカテゴリーを選択できます。

ただし、よほどカテゴリーが増えない限り使わないのでデフォルトでOKです。

 

デフォルトの投稿フォーマット

ワードプレス初期設定

投稿フォーマット(形式)を選択できます。

テーマによっては未対応のものもありますし、phpファイルの作成など手間がかかるのでデフォルトのままにしておきます。

 

すべてのユーザーのデフォルトエディター・ユーザーにエディターの切り替えを許可

ワードプレス初期設定

投稿エディター(編集画面)の設定です。

プラグイン「Classic Editor」を有効化している場合に表示されます。

 

両方を表示してみて書きやすい方を利用すればOKです。

ただし、今後はブロックエディターが主流になる見込みなので、最初から慣れておくという手もあります。

 

すもベビ

すもブロでが契約しているmixhostサーバーでは、WordPressと同時にClassic Editorをインストールできます。

 

【図解・初心者向け】ミックスホストにワードプレスをインストールする方法

 

メールでの投稿

ワードプレス初期設定

WordPressには、メールを利用してスマホから記事を投稿する機能が搭載されています。

ただし、ほぼ利用することはないのでデフォルトのままでOKです。

 

すもベビ

メール投稿を利用する場合、投稿設定するよりもプラグインを使う方が便利です。

有名なのは「JetPack」ですが、「Post By Email」も使いやすいです。

 

更新情報サービス

ワードプレス初期設定

更新情報サービスとは、記事の更新情報を自動的に送信できるサービスです。

例えば、ブログランキングサイトなどに自動的に記事更新を送信できます。

「更新情報サービスを利用するとインデックスが早まる」というのが設定している人の主張です。

 

でも、設定してもしなくてもインデックスのスピードやランキングに変化はありません。

 

すもベビ

他にも次のような理由があり、すもブロでは設定していません。

  • 日本のランキングサイトは質が低いところが多く、下手に送信すると評価が下がるリスクがある
  • PINGサーバー(送信先)の安全性を定期的に確認するのが面倒

 

WordPressの初期設定:表示設定

WordPress初期設定

すもブロはデフォルトのままですが、必ず確認しておくべき項目があります。

ワードプレス初期設定

 

ホームページの表示・1ページに表示する最大投稿数

ワードプレス初期設定

 

ホームページの表示

ブログのトップページに表示する記事の順番を決めます。

  • 最新の投稿(デフォルト):最新記事を順番に表示
  • 固定ページ:特定のページをトップページに表示

 

固定ページを選択すると、特定の固定ページを1つだけトップページに設定できます。

サイト形式のブログを作る場合、カテゴリーなどを並べた固定ページを作ってトップページに固定します。

一般的なブログを作る場合はスルーでOKです。

 

1ページに表示する最大投稿数

ホームページの表示で「最新の投稿」を選択した場合、1ページに表示される記事の数を決めます。

投稿数を増やしすぎるとブログ画面が縦長になるので、6~10記事程度がおすすめです。

 

すもベビ

2記事ずつ並んで表示される場合、投稿数を機数にするとレイアウトが崩れることがあります。

投稿数は偶数にしておきましょう。

 

RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数とフィードの各投稿に含める内容

ワードプレス初期設定

 

RSS/Atomとは、サイトの更新情報を登録者に自動で伝えるサービスです。

便利な機能のように思えますが、設定する意味はあまりありません。

なぜなら、近年多くの人が利用しているFeedlyというサービスなら、ブログ内の記事を自動で取り込んで抜粋表示してくれるからです。

 

★検索エンジンでの表示

表示設定で必ずチェックすべき項目です。

ワードプレス初期設定

 

検索エンジンでの表示というのは、ブログのインデックスに関する設定を行う項目です。

デフォルトではチェックが入っていない状態なので、必ずそのままにしておきましょう。

 

万が一チェックが入っていたら、すぐに外してください。

記事を投稿してもブログが検索エンジンにインデックスされず、いつまでもアクセスがない状態が続きます。

 

すもベビ

チェックするとブログ全体が「no index」設定となります。

謝ってチェックを入れてしまう人がいるので、くれぐれも注意してください。

 

WordPressの初期設定:ディスカッション設定

WordPress初期設定

ディスカッション設定では、コメントの管理などを行います。

WordPress初期設定

WordPress初期設定

 

すもベビ

すもブロではコメントをオフにしています。

スパムや悪意あるコメントをシャットダウンするためです。

 

デフォルトの投稿設定

WordPress初期設定

「新しい投稿へのコメントを許可」のチェックを外します。

これでブログのコメント機能がオフになります。

 

すもベビ

すもブロがディスカッション設定で設定している内容は以上です。

 

その他の設定の意味は次のとおりです。

設定 説明
投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる 他サイトにリンクを貼ると相手に通知される
新しい投稿に対し他のブログからの通知を受けつける 相手サイトからリンクを貼られたときに通知が来る

ピンバックやトラックバックという機能の設定です。

 

他のコメント設定

WordPressの初期設定

コメント機能をオンにした場合の設定を行います。

デフォルトでは上の画像のとおりで、コメント機能をオフにする場合は設定不要です。

 

すもベビ

コメント機能をオンにして細かく設定したい場合は、バズ部の記事が参考になります。

 

自分宛てのメール通知

WordPressの初期設定

コメントが投稿されたときなどのメール通知を設定します。

 

コメント表示条件

WordPressの初期設定

コメントの表示条件を設定します。

 

コメントモデレーションとコメントブラックリスト

WordPressの初期設定

WordPressの初期設定

コメントモデレーションとコメントブラックリストでは、コメントを表示する条件を設定します。

 

アバター

コメント欄に表示されるアバターを設定します。

デフォルトのままでOKです。

WordPressの初期設定

 

WordPressの初期設定:メディア設定

WordPress初期設定

メディア設定とは、記事や固定ページに画像を表示するときのサイズを指定しておく機能です。

WordPressの初期設定

 

設定できる画像サイズは3つ。

  • サムネイルのサイズ
  • 中サイズ
  • 大サイズ

 

すもベビでは次のように設定しています。

すもブロの設定 幅の上限 高さの上限
サムネイル 300

(150)


(150)
中サイズ 500

(300)

(300)

大サイズ 800

(1024)

(1024)

※()内はデフォルト

 

「サムネイル大きすぎじゃない?」と思いましたか。

サムネイルとして使用するには大きいですが、記事の中に挿入する画像サイズとしては使いやすいので設定しています。

 

すもベビ

Googleは幅1200px以上を推奨していますが、すもブロではブログの表示速度(読み込み速度)を重視して大サイズでも800pxにしてあります。

 

注意

画像サイズは「760pxが良い」、「いや1024pxだ」などとブロガーの意見が割れるところですが、好みで決めてOKです。

 

ただし、WordPressのデフォルトでは正方形の画像サイズが指定されていますが、記事に正方形の画像は使いにくいので、高さを空欄にしておきましょう(幅に応じて自動調節されるようにしておく)。

 

設定するとどうなるの?

投稿や固定ページに画像を挿入するときに、メディア設定で決めたサイズを選べるようになります。

高さは幅に合わせて自動で設定されます。

WordPressの初期設定

 

WordPressの初期設定:パーマリンク設定

WordPress初期設定

WordPressの初期設定で絶対に忘れてはならないのがパーマリンク設定です。

WordPressの初期設定

 

パーマリンクとは、記事URLのドメイン以降の部分です。

下の記事URLの場合、マーカー部分がパーマリンクです。

https:// sumou-baby.com/website-speed/

 

デフォルトでは次のとおり設定されています。

日付と投稿名

例:https://sumou-baby.com/2020/03/18/sample-post/

でも、デフォルトのままはおすすめしません。

 

すもブロの設定

すもブロではパーマリンクを「投稿名」に設定しています。

WordPressの初期設定

 

すもベビ

カスタム構造で「/%postname%/」と入力しても同じパーマリンクになります。

 

パーマリンクを「投稿名」にする理由

実は、SEO対策として最適なパーマリンクは「カテゴリー名/記事タイトル」です。

Googleも次のとおり公表しています。

ウェブサイトのドキュメントにわかりやすいカテゴリやファイル名を使用すると、サイトを効果的に整理できるだけでなく、コンテンツにリンクしようとするユーザーにとって、より簡単で「フレンドリー」な URL を作成することができます。

理解できる単語がほとんどなく、極端に長い暗号のような URL は、訪問者を困惑させることがあります。

引用:検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

 

「カテゴリー名/記事タイトル」なら、パーマリンクからカテゴリーもタイトルも読み取れるのでユーザーフレンドリーと言えます。

 

では、すもブロはどうして「投稿名」にしているか。

 

将来的に記事のカテゴリーを変更する可能性があるからです。

 

カテゴリーを細分化したり、新カテゴリーを増やして過去記事を入れたりする作業は、ブログを長く続けていると必要になってきます。

 

「カテゴリー名/記事タイトル」の場合、記事のカテゴリーを変更するとパーマリンクが変更されます。

ザックリ言うと「パーマリンクの変更=記事URLの変更」です。

そして、検索エンジンには変更前と変更後の記事は別だとみなされます。

 

つまり、カテゴリー変更後の記事は新記事と同じ扱いを受け、変更前の記事が集めた検索エンジンの評価が0になるのです。

検索上位に表示されていた記事でも圏外に吹き飛びます。

 

すもベビ

私は過去に1度、月80万PVほどの育児ブログをパーマリンク設定のミス一つでダメにした経験があります。

パーマリンクを「カテゴリー名/記事タイトル」にしていて、主力の20記事くらいを別カテゴリーに入れただけでPVは半減…

パーマリンク設定は絶対に最初にしておきましょう。

 

301リダイレクトはできるけど

パーマリンクを「カテゴリー名/記事タイトル」している状態で記事カテゴリーを変更する場合、301リダイレクトをすれば検索順位への被害は最小限に抑えられます。

301リダイレクトとは、ある記事のアクセスを別の記事へ転送する仕組みです。

元の記事の評価を転送先の記事に引き継ぐことができるので、ブログの移転やURL変更をしたときに使います。

 

パーマリンクの変更もURLの変更とほぼ同じなので、変えたときは301リダイレクトをすれば元記事の評価を引き継げます。

 

ただし、記事数が多いと301リダイレクトに相当な手間がかかりますし、内部リンクをどうするかという問題も生じます。

そのため、最初の段階でパーマリンクを「投稿名」にしておくことをおすすめします。

 

301リダイレクトについては、下の記事で解説しています。

WordPressブログの記事URL変更はSEOのタブー?変更のリスクと正しい変更方法を解説

 

すもベビ

少し難しい話なので、初めてブログを立ち上げた段階でよく分からなくても問題ありません。

 

初期設定が終わったら

「初期設定が終わったし、さっそく記事を書こう!」と思った人、少し待ってください。

できればあと2つ、やっておいてほしいことがあります。

  • プラグイン
  • セキュリティー対策

 

プラグイン

プラグインとは、WordPressの機能を拡張させることができるツールです。

記事の装飾からセキュリティー対策まで様々な機能を持ったプラグインが何千も開発されています。

たくさん入れる必要はありませんが、ブログ運営で必要になるものは最初から入れておきましょう。

 

プラグインについては下の記事で詳しく解説しています。

【2020】WordPressプラグインのおすすめ11個と必須4個!すもブロの設定を公開

 

セキュリティー対策

実はWordPress、悪意のある第三者からターゲットにされやすいサービスです。

不正ログインによるブログの乗っ取りや、ブログ運営ができなくなるような攻撃の被害に遭う人は、世界中でたくさんいます。

そのため、自分のブログを守るために最低限のセキュリティー対策はしておきましょう。

 

初心者でも簡単にできるセキュリティーについては、下の記事で解説しています。

WordPressのセキュリティー対策を初心者向けに解説!忘れると乗っ取りのリスクも…

 

WordPressの基本設定のまとめ

WordPressを立ち上げてすぐにやっておきたい基本設定は6つ。

  • 一般
  • 投稿設定
  • 表示設定
  • ディスカッション
  • メディア設定
  • パーマリンク設定

特に忘れず確認・設定したいのは次のとおり。

  • 一般:サイトのタイトルとキャッチフレーズの設定、WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の設定
  • 表示設定:検索エンジンでの表示
  • メディア設定
  • パーマリンク設定

SEO上のリスクがあるので、必ず確認・設定しておきましょう。