【SEOキーワードの選び方】ロングテールで集客用記事を書くときのキーワード選び

SEOキーワードの選び方

すもベビ

「ブログ始めたてで、SEOキーワードの選び方が分からない」

そんな悩みにすもベビが答えます。

新しくブログを開設したばかりの頃は、何から始めて良いか分からず困りますよね。

特に初心者を悩ませるのが、記事を書くときのキーワード選びです。

SEOキーワードが重要ということは知っていても、どう選べばいいのか分からない初心者は多いものです。

そこで、この記事では、初心者向けにSEOキーワードの選び方を解説します。

この記事で分かること
  • SEOキーワードの候補を選ぶ方法
  • SEOキーワードを絞り込む方法

SEOキーワードとは

SEOキーワードとは

SEOキーワードとは、ユーザーが検索エンジンの検索スペースに入力するキーワードです。

例えば、ブログ収益化について知りたい初心者が、検索エンジンに「ブログ 収益化」と入力した場合、この2語がSEOキーワードです。

検索エンジンからブログへユーザーを呼び込むには、検索結果の上位にブログ記事を表示させる必要があり、そのためにはSEOキーワード対策が欠かせません。

具体的には、ユーザーが検索するであろうSEOキーワードを選び、ユーザーとGoogleに好かれる記事を書いて検索上位を狙います。

SEOキーワード対策の目的
  • 対ユーザー:ブログコンテンツを見つけてもらいやすくする=アクセスアップ
  • 対Google:ブログコンテンツを評価してもらい、検索上位に表示してもらう

SEOキーワードを選ぶときは、

  1. SEOキーワード候補を選ぶ
  2. SEOキーワードを絞り込む

という2ステップを踏みます。

SEOキーワードの選び方:候補を選ぶ

SEOキーワードの選び方

まず、次の手順でSEOキーワードの候補を選びます。

  1. キーワードを思いつくまま出してみる
  2. キーワード候補の検索結果を確認する
  3. キーワード候補の幅を広げる
  4. 複合キーワードを選ぶ

1.キーワードを思いつくまま出してみる

思いつくままキーワードを書きだします。

ブログのジャンルを意識しつつ、関連する商品やサービスなどを自由に書きだしましょう。

例えば、ブログのアクセスアップに関する記事を書きたい場合、

  • ブログ アクセスアップ
  • ブログ PVアップ
  • ブログ 検索上位
  • ブログ 検索流入
  • ブログ SNS流入

といったキーワードが思い浮かぶでしょう。

2.キーワード候補の検索結果を確認する

次に、書き出したキーワードとブログの相性確認です。

キーワード候補を検索エンジンの検索スペースに入力し、検索上位に表示された記事を確認します。

例えば、あなたのブログでヌーボード(ノートサイズのホワイトボード)を取り扱っているとします。

まずは、ヌーボード関連のキーワード候補を検索して結果を見ます。

  • 「ヌーボード」で検索:ヌーボードが表示される
  • 「消せる ボード」で検索:スマートノートが表示される
  • 「ホワイトボード ノートサイズ」で検索:ヌーボードが表示される

上の結果だった場合、「ヌーボード」や「ホワイトボード ノートサイズ」を狙うキーワードにした方が、ブログとの相性は良いと言えます。

スマートノートが上位表示される「消せる ボード」では、検索上位に表示されても、ヌーボードを欲しがるユーザーが集まらないからです。

検索結果の確認はシークレットモードを使う

最近のスマホは、プライベート検索機能が搭載されています。

プライベート検索とは、検索履歴などの情報によって、個人が興味関心を持つであろうコンテンツを検索上位に表示する機能です。

同じキーワードで検索しても、あなたと周りの人で異なる検索結果が表示されるわけです。

便利な機能ですが、検索結果を確認するときに、実際の順位とは異なる結果が表示されると困ります。

そこで、シークレットモード機能を使います。

シークレットモードとは、ウェブブラウザで、webページの閲覧履歴などを保存せず操作する機能です。

すもベビ

名称は、ブラウザによって異なります。

【Google Chromeのシークレットモードの画面】

シークレットモード

 

各ウェブブラウザにおけるシークレットモードのやり方は、次のとおりです。

Google Chrome
  • Windows:Control + Shift + N
  • Mac:Command + Shift + N
Internet Explorer
  • Windows:Control + Shift + P
  • Mac:Command + Shift + P
Firefox
  • Windows:Control + Shift + P
  • Mac:Command + Shift + P
Opera
  • Windows:Control + Shift + N
  • Mac:Command + Shift + N
Safari
  • メニュー→プライベートブラウズ(Private Browsing)

3.キーワード候補の幅を広げる

キーワード候補とブログの相性確認が済んだら、キーワード候補の幅を広げる作業です。

Google keyword Plannerという無料ツールを使います。

Googleにログインした状態でGoogle keyword Plannerを開きます。

下の画像の画面が表示されたら、「キーワードプランナーに移動」をクリックします。

キーワードプランナー

キーワードプランナーの画面が開くので、「新しいキーワードを見つける」を押します。

キーワードプランナー

検索したいキーワードを入力し、「結果を表示」を押します。

キーワードプランナー

入力したキーワードと、キーワード候補(関連するキーワード)が表示されます。

注目すべきなのは、キーワードとキーワード候補の「月間平均検索ボリューム」と「競合性」です。

画像14

新しいブログに入れる記事を書くときは、次のようなキーワードを選びます。

  1. 月間平均検索ボリューム:「10~100」程度
  2. 競合性:「低」

「え?検索ボリューム小さすぎじゃない?」と思いましたか。

でも、検索エンジンから評価されていない状態でボリュームが大きいキーワードを狙っても、上位表示される見込みはほぼ0です。

もちろん、検索ボリュームが小さいと、大量のアクセスは得られませんが、競合が少なく検索上位に食い込みやすくなります。

集客用記事と収益化記事

ブログ記事には、集客用記事と収益化記事の2種類があります。

集客用記事 収益用記事
アクセスを呼び込むための記事 商品やサービスを買わせるための記事

ブログ初心者で運営期間も短い場合、まず書くべきなのは集客用記事です。

まずは、検索ボリュームが小さいキーワードで集客用記事を量産し、ロングテールでアクセスアップを目指します。

すると、アクセス数と被リンクが増えてドメインパワーも上がり、ブログ全体の検索順位が向上します。

すもベビ

ブログ初心者は、収益化を急ぐあまり収益用記事から作りたがる傾向があります。

しかし、ブログのドメインパワーが低い状態でいくら良い記事を書いても、検索上位に表示されないので、時間の無駄です。

まずは、集客用記事を書くことに集中しましょう。

集客用記事については、下の記事で詳しく解説しています。

集客用記事とは?収益用記事との違いって何?アクセスを集める書き方を解説

4.複合キーワードを選ぶ

キーワードには、単独キーワードと複合キーワードがあります。

単独キーワード 複合キーワード
1つだけのキーワード

(例)

・ブログ

・Twitter

・転職など

2語以上のキーワード

(例)

・「ブログ 収益化(2語)」

・「Twitter フォロワー 増やし方(3語)」

・「看護師 転職 サイト 関西(4語)」など

初心者が新しいブログで狙うべきなのは、複合キーワードです。

検索ボリュームの多い単独キーワードで書いた記事を上位表示できれば、一気に大量のアクセスが得られます。

しかし、ドメインパワーの低い状態で記事を書いても上位表示される見込みはありません。

したがって、初心者のうちは、複合キーワード(2~3語)を狙いましょう。

複合キーワードを狙う理由は、2つあります。

記事を書きやすい

「プログラミング」というキーワードを例にします。

プログラミングという単独キーワードでは、「興味があるのかな」くらいしか検索ユーザーの意図が分からず、記事の書き方も定まりません。

できるとすれば、網羅的な記事を書くことですが、時間も手間もかかりますし、競合は企業サイトなどで相当に強いです。

しかし、「プログラミング 子供」という複合キーワードになると、子供向けのプログラミング学習を探しているユーザーに絞ることができます。

「プログラミング 子供 小学生」となれば、よりユーザーの知りたいことが具体的になり、記事が書きやすくなります。

また、ユーザーもニーズに沿った内容に満足してくれます。

競合が少ない

原則として、キーワード数が多くなるほど検索ボリュームが減り、競合も少なくなります。

そのため、初心者でも検索上位を狙いやすくなります。

すもベビ

絞り込みすぎると、「読む人がいない」状態になるので、要注意です。

SEOキーワードの選び方:絞り込む

SEOキーワードの選び方

SEOキーワードの候補が決まったら、実際に記事を書いて上位表示できそうかどうかで絞り込みをかけます。

私は、「キーワード難易度チェックツール」という無料ツールでSEO対策の難易度を確認し、上位表示が難しそうなキーワードを除いています。

SEOキーワードを絞るやり方

  1. キーワード難易度チェックツールを開く
  2. 難易度をチェックしたいキーワードを入力
  3. 「難易度をチェックする」を押す

キーワード難易度チェックツール

入力したキーワードの難易度が表示されるので、SEOの難易度を確認します。

キーワード難易度チェックツール

初心者については、競合が弱いSEO難易度70以下のキーワードがおすすめです。

上の画像で検索した「ブログ アクセスアップ」は難易度「38」なので、初心者が狙いやすいキーワードと言えます。

SEOキーワードの選び方のまとめ

SEOキーワードの選び方は、

  1. SEOキーワード候補を選ぶ
  2. SEOキーワードを絞り込む

という2ステップを踏みます。

少し時間はかかりますが、キーワードを選ぶかどうかで、書いた記事が上位表示される確率が大きく変わります。

必ずキーワードを選んでから記事を書くという習慣を付けましょう。