稼ぐ記事のセールスライティング:月収7桁ブロガーが実践するテクニックを公開

稼ぐ記事のセールスライティング

すもベビ

こんにちは、ブログ歴5年、月7桁を稼いでいるすもベビです。

ブログで稼ぐには、SEOやSNSの知識、営業力など必要な要素がたくさんありますが、「モノを売る」という点で最も重要なのがセールスライティングです。

SEOやSNSによる集客に精通して大量のPVを集めても、売れる記事が書けなければ稼ぐことはできません。

アドセンスメインならともかく、成果報酬型で大きく稼ぐなら、セールスライティングの知識は必要不可欠です。

でも、「知識は学べるけど、それを活かして具体的にどう書くの?」と思いますよね?

そこで、この記事では、実際に稼いでいる記事を示しながら、書き方のポイントを解説します。

すもベビ

この記事は、本業の有料コンサルで使用している資料を、初心者向けに書き直したものです。

実際に稼いでいる具体的なライティングなので、マネをすれば初心者でも稼ぐ記事を書けるようになります。

セールスライティングの基礎知識と基本的な書き方については、下の記事で詳しく解説しています。

【セールスライティングの基礎知識】

セールスライティングとは?ブログで稼ぐために必要な理由と学習方法を解説

【セールスライティングの書き方(書くステップと盛り込むべき具体的な内容)】

セールスライティングの書き方:売れる文章に不可欠な2ステップと11の具体的内容

セールスライティングの完全初心者は、上の2つの記事を読んでから、この記事を読んだ方が理解しやすいです。

セールスライティングの実践心得3か条

まず、セールスライティングを用いて記事を書くときの心得を3つ示しておきます。

「そんなの知ってるよ」という人は、読み飛ばして先に進んでください。

セールスライティングの実践心得3か条

自信を持って書く

何はともあれ、自信を持って書きましょう。

人は、「自信のある人=信頼できる人」と感じます。

反対に、自信のない人は信頼できないと感じ、距離をとろうとします。

例えば、家電量販店の販売員から商品の説明を受けたときを思い出してみてください。

商品の特徴に詳しく、類似品との比較や販売実績などを踏まえて自信たっぷりに説明されると、「購入しようかな」と思いますよね?

しかし、何を聞いてもオドオドした様子で曖昧な返事しかないと、欲しい商品でも購入のモチベーションが下がるでしょう。

売り手の自信は、書い手の購買意欲に大きな影響を与えます。

ブログでも同じです。

ブログで紹介している商品を読み手に買わせたいなら、自信を持って記事を書きましょう。

ためらわない

すもベビ

ブログのコンサルをしていると、セールスライティングに後ろめたさを感じる人がいます。

「読み手をあおっている」

「押し売りのようだ」

と思うからです。

でも、あなたの記事の読み手って、どんな人ですか?

抱えた悩みを解消するために、自ら検索やSNSからあなたの記事を開いてくれた人ですよね?

ブログ記事で紹介している商品を買うかどうかは迷うにしても、購入によって得られるメリットを求めて自主的に記事を読むんです。

つまり、読み手の悩みを解消できる商品を適切な方法で紹介し、購入のモチベーションを高めることは、読み手のためにもなります。

読み手は悩みを解消できて、書き手は儲かるという「win-win」の関係ですね。

セールスライティングは、欲しくないモノを無理やり売りつけるテクニックではありません。

読み手が欲しいと思っているモノを購入する勇気を与えてあげる、それがセールスライティングです。

ためらわず、自信を持ってテクニックを駆使しましょう。

ゴリ押しを意識する

ブログで稼ぎたいなら、ゴリ押しを意識しましょう。

日本人は押しの強さを嫌う傾向がありますが、それでもゴリ押しを意識した方がモノは売れます。

仕事でも、トップセールスをあげるのは、ジャンルを問わずゴリ押し系です。

といっても、「さっさと買えよ」なんてあおるのは逆効果です。

読み手が「今すぐ購入したい」と思える情報を示し、畳みかけるということです。

例えば、次のような手法が有効です。

  • 購入特典をつける
  • 購入リスクを下げる保証とサポートを約束する
  • 緊急性と限定性を示す
  • 購入方法を明示する

読み手は、少しでも記事にスキがあると、「また今度検討しよう」と買わない方向に流れてしまいます。

目の前に悩みの解決方法があっても、「効果がないかもしれない」、「買った後に後悔したくない」という思いが働くからです。

せっかく興味を持ってあなたの記事を読み、悩みの解決方法も見つけられたのに、解決を先延ばしにしては読み手のためにもなりません。

今すぐ安心して購入するために必要な情報を示し、購入というアクションを起こすレベルまで気持ちを高めてあげましょう。

セールスライティングのテクニック:メリット先出し型

メリット先出し型
  1. メリットを示す
  2. 商品のデータや特徴を踏まえて読み手の疑問や不安に答える
  3. 今すぐ購入しないといけないと思わせる

セールスライティングの型(フレームワーク)の一つ「BEAF法」をアレンジした方法です。

ブログ記事の書き方としては最もシンプルかつ簡単な方法ですが、効果が高いので初心者にも好まれています。

すもベビ

私が運営サポートをしているブログの記事(ブログ運営者が執筆して私が手直しした記事)を掲載し、書き方のポイントを解説していきます。

防災セットの記事ですが、物販系全般に応用できます。

メリットを示す

  • 災害に備えたいが防災知識がない
  • 昔買った防災セットはダサくて部屋置きしたくない
  • 被災時に役立つセットは欲しいが購入費用は抑えたい
  • 買い足した子供用のグッズも入れておきたい

こんな人におすすめなのが、防災セットの「SHELTER」です。

SHELTERは、国内最大級の防災メーカー「LA・PITA」が販売する防災セットです。

防災セットを自作しようとして、何を購入するか迷ったり、費用がかさんだりした経験はありませんか?

せっかく購入した防災セットが、被災時に全く役立たなかったという人もいるのではないでしょうか?

SHELTERなら、防災のプロが厳選した防災グッズが入っており、グッズの購入に迷うことはなく、安心して備えておけます。

ネットショップを中心に多くの人に購入されて高い評価を得ており、企業や官公庁への納品実績も豊富なので、実用性の高さもお墨付きですよ。

すもベビ

ポイントは、デメリットを示して読み手の共感を誘ってから、商品のメリットを書くことです。

商品のデータや特徴を踏まえて読み手の疑問や不安に答える

すもベビ

メリットを提示すると、読み手は「それって本当なの?」と疑います。

「失敗したくない」、「後悔したくない」という心理が働き、意識的無意識的に「待った」がかかるのです。

そこで、読み手の気持ちになって疑問や不安をイメージし、一つひとつ回答を書いていきます。

簡単に言えば、読み手が自分で考えて買わない理由を見つける前に、先回りして潰してしまうんです。

「防災セットってダサいんじゃないの?」

実物をご覧ください。

(商品リンクや画像リンクを貼る)

街中で若者や会社員が背負っているオシャレなリュックと並べても、違和感はありませんよね?

SHELTERの販売会社は、防災グッズのデザインにも力を入れており、部屋置きしても恥ずかしくないように仕上げています。

某テレビドラマで、オフィスの備品としてSHELTERが置かれていましたが、オフィス風景に馴染んでいました。

自宅のリビングや寝室に置いておいても、気になりませんよ。

「必要な防災グッズはそろっているの?」

SHELTERに含まれる防災グッズは、次の一覧表のとおりです。

(公式サイト情報に基づいて作成した一覧表を表示)

被災時に最低限必要な防災グッズはほぼ全て入っており、あると役立つグッズも複数入っています。

大人の1人暮らしなら、追加で買い足すグッズはほぼありません。

「容量はどうなの?」

SHELTERは、35Lの大容量防災リュックがついています。

付属の防災グッズを全て入れても、十分に空きがあります。

セットとは別に買い足した子供用のグッズや生理用品、食料品などを豊富に入れておけます。

「重さや大きさはどうなの?」

防災リュックの重さは約500g、付属の防災グッズを全て入れても約1kgなので、女性や高齢の方でも無理なく背負うことができます。

大きさは一般的なリュックサックと大差なく、部屋の隅に置いておいてもかさばりません。

「高いんじゃないの?」

確かに、SHELTERよりも安い防災セットはあります。

しかし、実際に使ってみると、「実用性」と「信頼性」に難のある商品が多くなっています。

(一般的な防災グッズのレビュー記事や口コミを表示)

この点、SHELTERに入っているのは、防災のプロが厳選した、被災時に実際に役立つ高性能な防災グッズばかりです。

また、SHELTERのラインナップを個人で揃えるとなるt、2倍程度の費用がかかります。

値段だけを見ると高いと感じるかもしれませんが、他の防災グッズより優れた実用性と信頼性、そしてお買い得さがあります。

「それでもやっぱり高く感じるなあ」

公式サイトで購入すると、最低価格保証や現金割引といった制度が適用され、他のショップよりも安く購入することができます。

家族分をまとめ買いするとさらにお得になることもあるので、公式サイトから購入することをおすすめします。

公式サイトはコチラです(商品リンクまたはボタンを設置)。

「購入者の評判ってどうなの?」

公式サイトや楽天、Amazonなどのショップには、購入者の口コミ評判がたくさん掲載されており、おおむね高評価を得ています。

口コミの例をいくつか示しておきます。

(公式サイトやショップ、SNSに書かれた口コミを引用)

今すぐ購入しないといけないと思わせる

すもベビ

いくら「欲しい」と思っても、記事の内容を信頼しても、読み手はなかなか行動を起こしません。

優しく背中を押すなんてのは、はっきり言って無意味です。

慌てるくらい強くプッシュして初めて、「今すぐ買わないと後悔する」という気持ちになり、購入というアクションを起こしてくれます。

ゴリ押しの心得の実践ですね。

緊急性と限定性を提示する

「〇月〇日までキャンペーン中!」

期間内に公式サイトで購入すると、〇%オフになります。

高性能な防災セットが普段より安く手に入るチャンスなので、逃さないでください。

すもベビ

稀少性のアピールは、読み手の心を強く揺さぶり、「今すぐ買わないといけない」と思わせやすいです。

アフィリエイトに限らず、有料noteなどの自家製品を販売する場合にも効果を発揮します。

ただし、ウソはNGです。

キャンペーンをアピールする場合、期間終了と同時に表示を消す必要があります。

特典

今、SHELTERを購入すると、〇〇がもらえます。

防災セットの必需品が無料で手に入るチャンスですよ。

すもベビ

購入特典は、読み手の購買意欲をグッと高めます。

キャンペーンと同じく期間限定ですが、機会があればアピールしましょう。

購入方法を明示する

記事内で売りたい商品の購入方法は、読み手が直感的に分かるように示す必要があります。

広告には画像、テキスト、ボタンなど様々な選択肢があるので、記事内容や構成を踏まえて最適な方法を選びましょう。

メリット先出し型の場合、疑問や不安に答えた後や、購入意欲を高める文章の後にリンクを設置するのが一般的です。

すもベビ

本文内にいくつもリンクを設置する方法もあります。

でも、貼りすぎると、読み手に「商売っ気が強すぎる」とドン引きされます。

「ゴリ押しで売り込むが、誘導に気づかれない」というのが稼ぐコツなので、リンクの貼りすぎには注意しましょう。

セールスライティングのテクニック:デメリット先出し型

デメリット先出し型
  1. 商品のデメリットを示す
  2. 類似品のメリットを書く
  3. 商品ならではのメリットを書く

メリット先出し型のセールスライティングは、型さえ覚えれば誰でも簡単に書けます。

ただ、最近は、ブログやnoteで書き方が取り上げられる機会が増えました。

その結果、多くのブロガーがマネするようになり、効果が薄くなっています。

テクニック自体の効果は生きていても、同じような構成の記事ばかり読んだ読み手に「免疫」ができてしまっているのです。

そこで、「デメリットを先に出す」という変則的な方法も覚えておくことをおすすめします。

メリット先出し型でもデメリットは示しますが、よりデメリットを前面に出していく方法です。

もちろん、デメリットばかりではモノは売れません。

売りたい商品のデメリットを冒頭でぶち上げ、類似品を評価したうえで、売りたい商品ならではのメリットを示して購入意欲をくすぐります。

すもベビ

メリット先出し型と使い分けると、記事の幅がグッと広がりますよ。

では、再び防災セットを売る記事の例を出しておきます。

商品のデメリットを示す

防災セット「SHELTER」の価格は1人用でも約1万円で、決して安い買い物とは言えません。

すもベビ

SHELTERのデメリットとして、価格の高さを率直に挙げています。

高額商品ほど価格を気にする読み手が増えるので、価格がデメリットだと明示しておくと、「やっぱりそこがデメリットだよな」と共感を得られます。

類似品のメリットを書く

Amazonや楽天で防災セットを検索してみてください。

数千円程度の防災セットがいくつも販売されています。

SHELTERと同じラインナップで、半額程度で購入できるものもあります。

すもベビ

市販の防災セットには、価格が安くてラインナップも充実したものがあることを書いています。

「売りたい商品のデメリットを書いて、類似品のメリットを書く」

その目的は、読み手の信頼を得ることです。

先ほども書きましたが、人はメリットを示されると疑い、デメリットを示されると「なるほど」と受け入れる傾向があります。

そこで、商品のデメリットを正直に書き、類似品のメリットまで書き加えることで、この記事(の書き手)は信頼できると思わせるのです。

商品ならではのメリットを書く

SHELTERは、防災メーカーの防災のプロが、被災者の声を踏まえて実際に役立つ防災グッズを一つひとつ厳選しています。

年間何万人もの人に購入され、実用性の高さが評価されています。

企業や官公庁への納品実績も豊富です。

実用性、口コミ評判、販売実績において、SHELTERより優れた防災セットは見当たりません。

価格は、確かに安いとは言えません。

しかし、個人で同じグッズを揃えると2倍程度の費用がかかるので、実はコストパフォーマンスが優れているんです。

すもベビ

売りたい商品ならではのメリットをアピールします。

デメリットを示したうえで、それを補って余りあるメリットを伝えることで、読み手はあなたを信頼し、購入意欲を高めてくれます。

まとめ

セールスライティングの実践心得3か条と具体的なテクニック2つを解説しました。

私が実際に活用して稼ぐ記事を量産しているテクニックなので、使えば稼ぐ記事を簡単に作れます。

リライトにも有効です。

防災セットという高めの商品の例を示したので、物販系の記事なら基本的に何にでも活かせるはずです。

ただし、読むだけでは稼げません。

記事の内容を理解して記事を書き続けることで初めて、セールスライティングが身につき、売れる記事を量産できるようになります。

すもベビ

ブログ向けセールスライティングのテクニックは他にもたくさんあります。

しかし、情報にお金を払ってくれているコンサル生の手前、無料の記事で全て書くことはできません。

需要が多ければnoteに書くことも検討しますが、現時点では考えていません。

ツイッターで質問していただければ、個別の質問にはお答えしますので、本気で稼ぎたい人はお気軽にどうぞ。