相互リンクはSEO効果なしって本当?ペナルティーの怖さとブログ間でのやり方は?

相互リンクはSEO効果なし?

すもベビ

「相互リンクって、今でもSEO効果あるのかな?」

今回は、こんな悩みに答えます。

数年前までは、ブロガーさんが互いのブログをリンクし合う「相互リンク」が流行っていました。

仲良しの証であるとともに、SEO効果もあるということで、多くのブロガーさんが実践していました。

最近は、あまり聞かなくなりましたが、「効果があるのかな」と気になっている人も見かけます。

そこで、この記事では、相互リンクの効果とリスクについて解説します。

この記事で分かること
  • 相互リンクとは
  • 相互リンクのSEO効果に関するメリットとデメリット
  • ブログの相互リンクのやり方

相互リンクとは

相互リンクって何?

相互リンクとは、自分のブログと他人のブログ(サイト)、2つのブログ間でリンクしあうことです。

【相互リンクのイメージ】

ブログ同士の相互リンク

実は、相互リンクを渡し合うブロガーは今でもたくさんいます。

しかし、少し前とはやり方に変化が見られます。

また、相互リンクは、ユーザーのクリック率や回遊率を高めることもありますが、間違ったやり方だと検索順位を下げるリスクも秘めています。

相互リンクのSEO効果に関するメリットとデメリット

相互リンクのメリットとデメリット

相互リンクで何より気になるのが、「SEO効果があるかどうか」ですよね。

結論から言うと、SEO効果はあります。

「相互」とはいえ、外部サイトからの立派な「被リンク」です。

ただし、相互リンクをすれば、必ず検索順位が上がるわけではありません。

相互リンクの効果

相互リンクの効果を確認しておきます。

  • 検索順位が上がる
  • 検索順位が下がる

すもベビ

変動しない(=相互リンクの効果なし)こともあります。

相互リンクのメリット:検索順位が上がる

Googleガイドラインに沿った相互リンクなら、良質なリンクとみなされて検索順位が上がることがあります。

重要なのは、利便性(コンテンツの関連性)です。

相互リンクしたブログのコンテンツの関連性があるほど、ユーザーのクリック率や回遊率が向上し、良質なリンクとみなされる傾向があります。

すもベビ

経験上、リンク先に良質なコンテンツが多く被リンクも豊富なら、関連性が低くても相互リンク効果が出るケースもあります。

ただし、一般的には関連性の高さが重視されるのは間違いないです。

相互リンクを検討するときはまず、関連性の高さを確認しましょう。

相互リンクのデメリット:検索順位が下がる

Googleのガイドラインに違反した相互リンクをすると、Googleからペナルティを課されて検索順位が下がります。

相互リンクは、元々は「アクセスアップ」が目的でしたが、被リンクのSEO効果の高さに目を付けた人たちに悪用されるようになりました。

「検索順位の操作」を目的として、相互リンクを過剰に獲得する手法が横行したのです。

代表的なのが、次の2つです。

  • 相互リンク募集サイト:自分のサイトに関連性があり相互リンクできるサイトを探せる
  • 自動相互リンクサイト:同サイトのリンク設置により、低質または関連性の低いサイトの相互リンクが自動生成

その結果、Googleが相互リンクの対策に乗り出し、次のようなガイドラインを定めています。

検索結果においてサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンクプログラムには、次のようなものがあります。

(中略)

過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること。

引用:Google Search Consoleヘルプ

2つのキーワードが出ていますね。

  • 過剰なリンク交換:利便性(サイト同士の関連性など)に関係なく、過剰な相互リンクをすること
  • 相互リンクのみを目的としてパートナーページを作成すること:利便性に関係のない相互リンク集(外部リンクの一覧ページ)を作ること

どちらも、Googleが求めるユーザーファーストを無視し、検索順位を上げる目的で相互リンクを悪用しています。

すもベビ

怖いのは、相互リンク集に無断でリンクを貼られることです。

他人の悪意でブログの価値を低められ、ペナルティを受けるリスクがあります。

リンク削除や否認などの対応はできますが、いたちごっこが続くことが多いです。

はっきりした判断基準はない

相互リンクサイトと相互リンク集がペナルティー対象になると書きました。

しかし実は、Googleは、はっきりした判断基準を示していません。

そのため、webマーケターなどが経験と分析に基づいて基準を推測している状況です。

ブログの相互リンクはSEO効果が見込めるか

仲良くなったブロガー同士が、お互いのブログを相互リンクさせることは、よく見られる光景です。

相互リンクするブログ2つのコンテンツに関連性があるなら、ペナルティーを受けるリスクはほぼありません。

利便性が向上するとGoogleから評価され、お互いのブログの検索順位が向上する可能性もあるでしょう。

ただし、いくら仲の良いブロガーだからと言って、自分のブログと関連性のないブログとの相互リンクはリスクがあります。

すもベビ

私の場合、数年前に、お悩み解決ブログとトレンドブログを相互リンクさせたところ、短期間のうちに両ブログがペナルティーを受けました。

他の要因もあったはずですが、安易な相互リンクは危険だと痛感させられました。

ブログの相互リンクのやり方

相互リンク ブログのやり方

ブログ同士の相互リンクの一般的なやり方を書いておきます。

相互リンク先の選び方

相互リンクするときに欠かせないのが、リンク先を選ぶ作業です。

リンク候補のブログを見て、関連性と利便性をしっかり確認し、リンクするかどうか決めましょう。

相互リンクのやり方

少し前は、お互いのブログのサイドバーやリンクページに、相手ブログのリンクを貼るのが一般的でした。

しかし最近は、ブログ記事内で他のブログを紹介するのが主流になっています。

「全ページで表示されるサイドバーが良い」と思うかもしれませんが、リンク記事のアクセスが多ければ、記事に貼る方が効果が高いこともあります。

そもそも、多くのブログには複数のカテゴリーがあります。

サイドバーにリンクを貼ってもらうと、あなたのブログと関連のない記事でもリンクが表示され、関連性の問題が気になります。

そのため、私が相互リンクをお願いする場合は、基本的に記事内にリンクを貼ってもらいます。

私が相手のリンクを貼るときは、次のような貼り方をします。

  • 相手ブログの紹介
  • 記事内容の引用
  • 参考としてリンク設置

相互リンク先への連絡

最近は、SNSなどで仲良くなって、相互リンクするブロガーが―増えています。

しかし、事前に交流がない場合は、相手に相互リンクを依頼する必要があります。

私が使っている依頼メッセージのテンプレートを貼っておきます。

【相互リンク依頼のメッセージのテンプレート】

〇〇 様

 

突然のご連絡、失礼いたします。

いつも〇〇様のブログ「〇〇〇〇」を楽しく読ませていただいています。

この度、私のブログで、「ブログ運営で役に立ったブログ3つ(記事URL)」という記事を書き、〇〇様のブログを紹介させていただきました。

つきましては、〇〇様のサイトでも私のブログ(URL)を紹介していただけないでしょうか。

ご検討いただけますと幸いです。

以上

〇〇〇〇

「相互リンクはSEO効果なしって本当」のまとめ

相互リンクには、今もSEO効果があります。

ただし、相手サイトとの利便性(関連性)を十分に検討してリンク先を選ばないと、検索順位が下がるリスクがあります。

ブログ同士を相互リンクさせるときは、まず相手のブログをよく確認し、リンクさせるかどうか決めましょう。

SNSで仲良くなったブロガーから頼まれると、断りにくいと思います。

しかし、関連性や利便性のない相互リンクは、お互いのブログのためになりません。

そのことを伝え、やんわりと断ることをおすすめします。