【図解】mixhostでWordPressブログを作る方法を日本一わかりやすく解説

mixhostでWordPressブログを作る方法

  • mixhostでWordPressブログを始めたいんだけど、具体的にどうやるの?

 

すもベビ

その疑問、すもベビが答えます。

 

初心者向けのレンタルサーバーとしてエックスサーバーと人気を二分するのがmixhostです。

「月額880円~」という格安でレンタルできて、ドメイン登録数も無制限というコスパの良さから、利用するブロガーが急増しています。

 

この記事では、mixhostでWordPressブログを作る方法について、初心者にも分かりやすく解説します。

すもベビ

私はブログジャンルによってmixhostとエックスサーバーを使い分けており、「すもブロ」はmixhostで運営しています。

mixhostの公式サイト

 

mixhostでWordPressブログを作るための6ステップ

mixhostでWordPressブログを作るには、次の6つのステップを踏む必要があります。

 

 

この記事の内容に沿って手順を書くと、次のようになります。

STEP.1
サーバーを契約
mixhostでレンタルサーバーを契約
STEP.2
ドメインを取得
お名前.comで独自ドメインを取得
STEP.3
サーバーにドメインを設定
mixhostサーバーにお名前.comで取得した独自ドメインを設定
STEP.4
ワードプレスをサーバーにインストール
ワードプレスをmixhostサーバーにインストール
STEP.5
独自SSL(https)設定
不要
STEP.5
初期設定
あとで後悔しないための最低限の項目を設定

 

すもベビ

聞きなれない用語があるかもしれませんが、記事を読みながら作業すればブログ開設までたどりつけます。

 

万が一うまくいかない場合は、お問い合わせフォームから問い合わせてください。

 

1.mixhostでレンタルサーバーを契約

まず、mixhostにアカウントを作り、レンタルサーバーを契約します。

レンタルサーバーとは、あなたのブログのデータを置いておく場所です。

ワードプレスでブログを作る場合は、必ず契約する必要があります。

 

1.申し込み

mixhostの公式サイトにアクセスし、画面上のヘッダーメニューから「お申し込み」をクリックします。

MixHostの申し込み

 

すもベビ

上の画像のような広告が表示されていれば、「今すぐmixhostをお申し込み!」をクリックしてもOKです。

 

2.料金プランを選択

料金表が表示されるので、スタンダードプラン下の「今すぐお申し込み」をクリックします。

mixhost プラン

 

mixhostには5つのプランがあります。

プラン名 スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス エンタープライズ
月額料金

(3年)

880円 1,780円 3,580円 7,180円 14,380円
月額料金

(1年)

980円 1,980円 3,980円 7,980円 15,980円
容量 SSD

350GB

SSD

350GB

SSD

450GB

SSD

550GB

SSD

650GB

転送量目安 3TB 4TB 6TB 8TB 10TB
メモリ 4GB 8GB 12GB 12GB 32GB

初心者が新しくブログを始める場合は、スタンダードプラン(月額880円~)で十分です。

 

すもベビ

月80万PVのブログをスタンダードプランで運営していますが、安定性も速度も問題はありません。

 

3.初期ドメイン(サブドメイン)を入力

初期ドメイン(サブドメイン)を入力します。

mixhost ドメイン入力

 

半角英数字で好きな文字列を入力しましょう。

「.mixh.jp」はそのままにして「検索」をクリックします。

 

すもベビ

独自ドメインでブログを運営するなら初期ドメインは使いません。

好きな文字列を入力しましょう。

 

4.契約期間の設定

契約プランの内容を確認し、契約期間を選択して「続ける」をクリックします。

mixhost 契約オプション

※画面は3年(36ヶ月)契約の場合

 

mixhostでは、契約期間を3ヶ月~36ヶ月(3年)の中から選択できます。

契約期間が長いほど1ヶ月あたりの料金が安くなります。

 

すもベビ

特にこだわりがなければ、最初は1年契約にしておくのが無難です。

 

5.注文内容の確認

注文内容の確認場面が表示されるので、間違いがなければ「お客様情報の入力」をクリックします。

mixhost 契約内容確認

※画面は3年(36ヶ月)契約の場合

 

6.お客様情報の入力

登録に必要な情報を入力します。

全ての情報を入力したら、「利用規約に同意しました」にチェックを入れ、「注文完了」をクリックします。

mixhost お客様情報

 

7.申込み完了とメール確認

下の画像が表示されれば、申込みは完了です。

mixhost 注文確認

 

申込みが完了すると、お客様情報で入力したメールアドレスに3通のメールが届きます。

  • mixhost】 ご登録完了のお知らせ
  • 【mixhost】お申込み受付完了のお知らせ
  • mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ

 

「【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ」には、ログインや独自ドメイン設定に必要な情報が記載されています。

必ず保管しておきましょう。

mixhostからのメール

 

2.お名前.comで独自ドメインを取得

独自ドメインというのは、あなたのブログのインターネット上の住所(URL)です。

すもブロのドメインは「https://sumou-baby.com/」です。

ドメインを取得するのが難しそうな気がするかもしれませんが、手順通りに進めれば簡単に取得できます。

 

すもベビ

ブログ運営を続けているとドメインパワーが強くなり、ブログが検索上位に表示されやすくなります。

途中でドメインを変えると評価が途切れてしまうので、長く使い続けられるドメインにしておきましょう。

 

ドメイン取得サービスはたくさんありますが、初心者におすすめなのは「お名前.com」と「ムームードメイン」です。

この記事では、利用者が最も多く、ネット上で情報を得やすいお名前.com」でドメインを取得する方法を書いていきます。

 

1.ブログに使いたいドメインを入力する

お名前.comの公式サイトを開きます。

 

トップ画面の「取得希望の文字列を入力」に、希望するドメインの文字列を入力します。

お名前.com

すもベビ

「sumou_baby」や「osumousan」などブログのURLとして使いたい文字列を入力しましょう。

 

ドメイン(「.com」部分)は、プルダウンメニューから選択することができます。

お名前.com

希望があればドメインを指定し、なければ「指定なし」を選択して「検索」をクリックします。

 

すもベビ

ドメインの取得は早い者勝ちです。

希望のドメインをすでに他の人が使っている場合、同じドメインを取得することはできません。

 

すもブロのドメイン(sumou-baby)を入力した場合

取得希望のドメインを入力すると、以下の画面が表示されます。

 

画像では、すもブロのドメインを入力しています。

 

お名前.com

 

検索結果は「509件」です。

 

お名前.com

「sumou-baby.com」はこのブログが取得しているので「.com」は「×(取得不可)」ですが、その他のドメインは取得可能です。

 

表示されているのは、1年契約にかかる金額(税抜き)です。

 

「.com」、「.net」、「.jp」、「.xyz」など数百種類のドメインがあり、取得にかかる金額が大きく違います。

 

特にこだわりがないなら「.com」にしておきましょう。

 

「.com」は誰もが見慣れているので、ブログを信頼してもらいやすくなるからです。

 

すもベビ

検索結果を見ると、「.work」や「.xyz」など極端に安いドメインがありますよね?

「お得だ」と思って取得しがちですが、2年目以降に金額が跳ね上がるドメインが多いので要注意です。

 

2.取得するドメインを決める

取得するドメインを決めたら、赤字で表示された料金(1年契約)を確認します。

OKならドメイン下の☑ボタンにチェックを入れ、「お申込みへ進む」をクリックします。

お名前.com ドメイン購入

 

3.契約年数を選択する

申込み内容を確認する画面が表示されます。

お名前.com ドメイン購入画面

 

この画面では登録年数とオプションを選びます。

登録年数は2年以上も選択できますが、自動更新をすれば更新し忘れる心配はありません。

こだわりがなければ1年登録で良いでしょう。

 

次の3つのオプションについては、いずれも不要なのでチェックしないでください。

  • Whois情報公開代行メール転送オプション
  • ドメインプロテクション
  • SSL証明書

 

4.メールアドレスとパスワードを入力する

登録年数を選択したら、画面右側にメールアドレスとパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

お名前.com メールアドレス

 

すもベビ

お名前.comのIDを持っていれば、「お名前IDをお持ちの方」をクリックします。

 

5.会員情報を入力する

会員情報を入力する画面が表示されます。

お名前.com お客様情報

 

次の情報を入力して「次へ進む」をクリックします。

  • 種別
  • 名前
  • 郵便番号
  • 都道府県・市区町村・番地
  • 電話番号
  • メールアドレス

 

6.支払い情報を入力する

支払い情報入力画面が表示されます。

お名前.com 支払い情報

 

支払い方法は、次の4つから選択します。

  • クレジットカード
  • コンビニ
  • 銀行振り込み
  • 請求書

 

すもベビ

クレジットカード以外で支払う場合、手数料がかかります。

また、支払いからドメイン取得までにタイムラグがあります。

 

「お申込みを受け付けました」という画面が表示されれば、手続きは完了です。

お名前.com 完了

 

7.メールを確認する

登録が完了すると、お名前.comから登録メールアドレスに5通のメッセージが届きます。

お名前.comからのメール

 

申し込みから1時間以上経ってもメールが届かない場合、メールアドレスの入力ミスの可能性があります。

また、クレジットカード以外の支払い方法を選んだ場合、支払いが済むまでドメイン登録の完了通知は届きません。

 

3.mixhostサーバーに独自ドメインを設定

mixhostに申し込み、お名前.comにで独自ドメインを取得したら、サーバーとドメインを紐づける作業をします。

やることは2つです。

  • mixhostに独自ドメインを登録
  • 独自ドメインのネームサーバーを変更

 

すもベビ

この設定で心が折れてしまう初心者が多いですが、この記事に書いてある手順どおりにやれば迷わず設定できます。

 

1.mixhostに独自ドメインを登録

まずは、mixhost側に独自ドメインを登録します。

mixhostの公式サイトにログインし、cPanelを開きます。

 

ログインに必要な情報は、2つです。

  • ユーザー名
  • パスワード

 

いずれも、サーバー契約時に届いたメール「【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ」に記載されています。

ミックスホスト

 

メール記載のコントロールパネルURLをクリックすると、ログイン場面に移動します。

①ユーザー名と②パスワードを入力して③「ログイン」ボタンを押します。

mixhost cPanel

 

mixhostにログインしたら、ドメイン欄の「アドオンドメイン」をクリックします。

mixhost アドオンドメイン

 

アドオンドメインの設定画面が表示されるので、必要項目を入力します。

mixhost アドオンドメイン

 

項目 入力する内容
新しいドメイン名 お名前.comで取得した独自ドメインを入力
サブドメイン 新しいドメインを入力すると自動入力
ドキュメントルート 新しいドメインを入力すると自動入力
このアドオンドメインに関連付けるFTPアカウントを作成します チェックしない

チェックするのは、ブログごとに異なるFTPでデータをアップロードしたい場合のみ

よく分からなければチェックなしにしておく

 

入力したら、「ドメインの追加」をクリックします。

正常に登録できた場合、次の画面が表示されます。

 

下の画面が表示されたら設定完了です。

mixhost ドメイン登録完了

 

2.独自ドメインのネームサーバーを変更する

次に、お名前.com側で、先ほど取得した独自ドメインのネームサーバーを変更していきます。

お名前.com Navi」にログインします。

お名前.com

 

ログインに必要なのは、2つです。

  • ユーザーID(お名前ID)
  • パスワード

 

ユーザーIDは、登録時に送られてきた「[お名前.com]会員情報変更 完了通知」に記載されています。

お名前.com メール

 

 

ログインしたら、トップページ中ほどにあるドメイン一覧を押します。

お名前.com ドメイン

 

ドメイン一覧が表示されたら、サーバーと紐づける独自ドメインの「初期設定」を押します。

お名前.com ドメイン一覧

 

ネームサーバー設定画面が開くので、「2.ネームサーバーの選択」をクリックし、次の作業を行います。

  1. 「2.ネームサーバーの選択」の「その他」タブをクリック
  2. 「その他のネームサーバーを使う」をクリック
  3. mixhostのネームサーバーを入力
  4. 「確認」をクリック

 

お名前.com ネームサーバー

 

mixhostのネームサーバー
  1. ns1.mixhost.jp
  2. ns2.mixhost.jp
  3. ns3.mixhost.jp
  4. ns4.mixhost.jp
  5. ns5.mixhost.jp

「【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールに記載されています。

 

注意

画像では、ネームサーバー3までしか設定していません(初期画面では、ネームサーバー3までしか入力欄がないため)。

 

でも、サーバーがダウンしたときのリスクヘッジとして、ネームサーバー5まで設定しておくことをおすすめします。

 

mixhost

 

ネームサーバー入力欄の横にある「+」マークをクリックすると、入力欄を追加できます。

 

すもベビ

設定し忘れても、後ほど追加できるので心配はいりません。

 

「確認」をクリックすると、確認画面が表示されるので、問題がなければ「OK」を押します。

mixhost

 

「完了しました」と表示されたら、設定は完了です。

インターネットの環境によっては、設定が反映されるまでに最大で72時間くらいかかります。

早くても数時間はかかり、反映されるまではブログが表示されません。

 

すもベビ

慣れない作業で疲れたと思うので、少し休んでおきましょう。

 

4.WordPressをmixhostサーバーにインストール

いよいよWordPressをmixhostサーバーにインストールします。

インストール方法については質問が多かったので、個別に記事を作成しました。

【図解・初心者向け】ミックスホストにワードプレスをインストールする方法

 

5.独自SSL(https)設定

ブログを独自SSLに対応させることで、SEO対策やセキュリティー面のメリットがあります。

初心者が苦労しがちな独自SSL設定ですが、mixhostではネームサーバの変更時に自動的に設定されます。

 

すもベビ

この記事を読みながら作業をしてきたならすでに独自SSL設定は完了しています。

STEP.6に進みましょう。

 

  • SSL:データ通信を暗号化する技術
  • 独自SSL:独自ドメインに設定するSSLサーバー証明書

 

6.初期設定

WordPressブログを開設してSSL設定も済んだら、ログインして最低限の設定をしておきます。

 

すもベビ

WordPressの設定は非常に奥が深く、やりだすとキリがありません。

この記事では、最初に設定しないと後で困る設定に限って解説します。

 

1.ログインする

ログインに必要なのは、mixhostにWordPressをインストールするときに入力した「ユーザー名またはメールアドレス」と「パスワード」です。

WordPress ログイン

 

ログイン後、ブログ運営を始める前に絶対にしておきたい設定は、2つです。

  • 一般設定
  • パーマリンク設定

 

2.一般設定

まずは、一般設定です。

WordPressの一般設定

 

一般設定を開いたら、WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の「http://」を「https://」に変更します。

WordPressの一般設定

 

mixhostの場合、WordPressのインストール時に「https://」を選んでいれば、インストールされた時点で「https://」となっているはずです。

 

ただし、「http://」のままだったという報告もあるので、念のために一般設定を確認してください。

 

注意

キャッチフレーズについては、使用するテーマによってSEOでマイナスに働く可能性があります。

 

よく分からない場合は空欄にしておきましょう。

 

3.パーマリンク設定

最初に設定しておかないと後々になって後悔するのがパーマリンクです。

パーマリンク設定というのは、記事のURLを決めるルールに関する設定のことです。

 

例えば、この記事のURLは次のとおりですが、マーカー部分をパーマリンクと呼びます。

https: //sumou-baby.com/mixhost-blog/

ワードプレスではパーマリンクのルールを自由に設定できるのですが、初期設定のままや間違った設定にすると後で悔やみます。

 

パーマリンクを途中で変更するとURLが変わって記事の評価が吹き飛ぶので、必ず記事を書き始める前に設定しましょう。

「設定」→「パーマリンク設定」とクリックします。

WordPressのパーマリンク設定

 

共通設定の「カスタム構造」にチェックを入れ、「/%postname%/」と入力します。

WordPressのパーマリンク

 

この状態で変更を保存すると、記事の作成画面で記事のURLを自由に変更できるようになります。

 

http://からhttps://にリダイレクト

独自SSL設定を行ったことで、WordPressのアドレスもhttps://に変更されています。

その結果、あなたのブログの正しいURLは「https://〇〇〇〇」になっています。

でも、間違って「http://〇〇〇〇」のURLが使われるケースもないとは言い切れません。

 

そこで、「http://〇〇〇〇」が使われたときに「https://〇〇〇〇」へ移動する設定をしておくことが望ましいです。

設定方法は、mixhostの公式サイトに分かりやすく書いてあります。

 

すもベビ

必要な作業ではありませんが、ユーザーの利便性やアクセスの確実な確保のために設定しておきましょう。

 

テーマとプラグインを入れる

WordPressブログは、テーマとプラグインを入れることで、ブログのデザインを変更したり、機能を追加したりできます。

あなたのオリジナルブログを作るには欠かせない作業です。

ブログ運営に役立つプラグインについては、別の記事で解説しています。

【2020】WordPressプラグインのおすすめ11個と必須4個!すもブロの設定を公開

 

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールに登録する

以上で最低限の初期設定は終わりです。

 

本気でブログを運営したいなら、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールにも登録しておきましょう。

稼ぐブログを作って安定した運営をするには、アナリティクスとサーチコンソールで得られるデータは必要不可欠です。

ツール 分かること
アナリティクス ブログに訪問したユーザーの数、属性、行動など(=ユーザーがブログにアクセスした後のデータ)が分かる
サーチコンソール ブログに訪問したユーザーが検索したキーワード、検索結果の表示回数、クリック数など(=ユーザーがブログにアクセスする前のデータ)が分かる

 

すもベビ

ほとんどのブロガーがブログ開設と同時に登録する無料ツールです。

登録作業はとても簡単なので、早めに済ませておきましょう。

 

mixhostでWordPressブログを開設する方法のまとめ

mixhostでWordPressブログを開設するには、6つのステップがあります。

  1. mixhostでサーバーを契約
  2. お名前.comでドメインを取得
  3. mixhostサーバーに独自ドメインを設定
  4. WordPressをmixhostサーバーにインストール
  5. 独自SSL(https)設定
  6. 初期設定

 

各種契約や、サーバーとドメインの紐づけなど難しいイメージを持たれがちですが、手順をマネすれば誰でも簡単にブログ開設にたどり着けます。

ブログを開設できたら、細かな設定を済ませて、いよいよ記事を書いて公開する段階です。

無限の可能性が広がる大海原に、勢いよく漕ぎ出しましょう。