WordPressのカテゴリーとタグの使い方:カテゴリー増えすぎて困ってる人は必見

WordPressのカテゴリーとタグの使い方

  • カテゴリーとタグの使い分け方がよく分からない
  • タグって実際どう使うの?

 

すもベビ

こんな疑問にすもベビが答えます。

 

WordPressブログには「カテゴリー」と「タグ」の2種類の分類機能が搭載されています。

どちらも記事をまとめて管理する機能ですが、使い分け方が分からずカテゴリーだけを使う人が多いです。

 

でも、カテゴリーとタグを使い分ければ、「カテゴリーが増えすぎる」とか「カテゴリー階層を深くしすぎた」という問題を解消できます。

 

この記事で分かること
  • カテゴリーとタグの使い方

 

WordPressのカテゴリーとタグの違いって何?

WordPressのカテゴリーとタグの使い方

まず、カテゴリーとタグの違いを確認しておきます。

 

カテゴリーとは

カテゴリー

カテゴリーとは、ジャンルの似た複数の記事をまとめる機能です。

「パソコンのフォルダーのような役割を果たす機能」と言えば分かりやすいでしょうか。

大きなくくりで記事をまとめるときに使います。

 

親子関係(階層構造)を作ることができ、特化ブログではサイロ型(多階層のカテゴリー)がよく利用されています。

インデックス登録させて検索上位に表示させることもあります。

 

すもベビ

雑記ブログでは、階層構造を使いすぎるとユーザーの使い勝手が悪くなります。

 

タグとは

WordPressのタグ

タグとは、あるトピックやキーワードなどで記事をまとめる機能です。

記事の内容を区別するために貼り付けて、同じタグが貼られた記事をまとめるイメージです。

カテゴリーと比べて小さなくくりで記事をまとめるときに使います。

 

親子関係(階層構造)は作れず、どのタグも並列です。

インデックス登録させない扱いが一般的になっています。

 

カテゴリーとタグの違い

カテゴリーとタグの違いをまとめました。

カテゴリー タグ
分類方法 ジャンル トピックやキーワード
階層構造 あり なし
数/記事 1つ 2~5つ
インデックス登録 させる させない

 

重要度はカテゴリー>タグです。

タグより大きなくくりで記事をまとめて管理でき、インデックス登録で上位表示させることも可能だからです。

どちらか一方だけ設定するならカテゴリーを選びます。

 

ただし、WordPressブログでユーザーの使いやすさとGoogleの評価を意識するなら、両方を使い分けることが望ましいです。

 

WordPressのカテゴリーとタグの使い方

WordPressのカテゴリーとタグの使い方

WordPressのカテゴリーとタグの違いが分かったら、次は使い分け方について覚えましょう。

一般的な使い分けは次のとおりです。

カテゴリー タグ
大きなジャンルで分類 トピックやキーワードなどで小さく分類

 

これだけではイメージがわかないと思うので、すもブロの例を見ていきます。

 

カテゴリーとタグの使い方の例

すもブロの場合、5つのメインカテゴリーに記事を分類して入れています。

  • ブログの始め方
  • ブログの運営
  • SNS活用
  • ライティング
  • カスタマイズ

 

また、40くらいのタグを作って各記事に2~5つずつ付けています。

下の図は、「ブログの運営」と「SNS活用」のカテゴリーに入れた記事とタグの付け方です。

カテゴリーとタグの使い分け

 

例えば、「ブログの運営」カテゴリーには「リライト」、「SXO」、「URL変更」に関する記事を入れてあります。

各記事について「アクセスアップ」、「SEO」、「リライト」、「SXO」、「URL変更」をタグ付け済みです。

 

すもベビ

タグを作るときは、SEOキーワードや記事内のトピックを抽出しています。

 

サイドバーやナビドロワー(ハンバーガーバー)にはカテゴリー一覧と代表的なタグを表示してあります。

カテゴリーとタグ

 

SXOとは?SEOとの違いとSXOの3つの要素「U-R-A」を分かりやすく解説

 

カテゴリーの使い方

カテゴリーの使い方のポイントは3つ。

  • 1記事1カテゴリーが基本
  • メインカテゴリーの数は3~5つ
  • カテゴリーにはキーワードを含める
  • 同じユーザーが読みそうな記事をまとめる

 

カテゴリー数を絞るとユーザーがどんなブログか理解しやすく、Googleにも評価されやすくなります。

3~5つと決めておけば必然的に比較的大きなカテゴリーを作ることになるので、記事の分類も迷いにくいでしょう。

また、カテゴリーページは検索結果に表示される(no indexにしない)ので、キーワードを含めることも大切です。

 

カテゴリーの使い方は下の記事で詳しく解説しています。

WordPressブログのカテゴリー分け:整理の仕方と名前の付け方を例を踏まえて解説

 

タグの使い方

  • 1記事あたり2~5つタグ付けする
  • カテゴリーよりも小さいトピックやキーワードをタグにする
  • タグ名の表記は統一する(Discordとディスコ―ドは別のタグとみなされる)

 

1記事につき2~5つのタグをつけます。

多すぎるとタグを探す手間がかかりますし、タグが増えすぎてユーザーの利便性が損なわれます。

 

新しいタグを作るときは、記事内のトピックやSEOキーワードを選びましょう。

例えば、「ブログの運営」というカテゴリーのURL変更に関する記事なら、「URL変更」や「SEO」がタグ候補となります。

 

注意したいのが同じモノに対するタグ名のバラツキです。

例えば「ねこ」というタグを作る場合、「ねこ」、「ネコ」、「neko」、「猫」はそれぞれ別のタグになります。

タグをつけるとタグ検索ができてユーザーの利便性が向上しますが、表記のバラツキがあるとユーザーを混乱させてしまいます。

 

カテゴリーとタグを利用するメリット

カテゴリーとタグを使い分けるメリットは3つ。

  • カテゴリーを増やしすぎずに済む
  • カテゴリー階層を増やさずに済む
  • タグ検索を利用できる

 

カテゴリーを増やしすぎずに済む

ブロガーが陥りやすいのがカテゴリーの増やしすぎです。

ユーザーの利便性を損ないますし、運営者も記事の管理が大変になります。

カテゴリーとタグを使い分ければ、カテゴリーは比較的大きく作り、細かいキーワードやトピックをタグ化できるので、カテゴリーを増やしすぎる心配がありません。

 

例えば、サーバーに関する記事を書いたとします。

「SEO」、「収益化」、「ドメイン」というカテゴリーを作っていた場合、新しく「サーバー」カテゴリーが必要になります。

でも、「ブログ運営」というカテゴリーがあれば、「サーバー」というタグをつけて同じカテゴリーに入れておけます。

 

カテゴリー階層を増やさずに済む

カテゴリー階層(親子関係)を増やしすぎるのもブロガーあるあるです。

「3クリック以内に全記事にたどり着ける」というのが理想なので、階層の作りすぎはNGです。

カテゴリーとタグを使い分ければ、カテゴリーは1~2階層(大・小カテゴリー)くらいに抑えやすくなります。

 

すもベビ

雑記または雑誌ブログの場合です。

特化ブログの場合はサイロ型(階層を深くして縦構造にすること)が有効なこともあります。

 

タグ検索を利用できる

タグを設定するとタグ検索が利用できます。

タグ検索というのは、同じタグをつけた記事を一覧表示できる機能です。

 

すもブロ(テーマ:SANGO)の場合、記事下にタグ一覧が表示されています。

タグをクリックすると、同じタグをつけた記事一覧に移動します。

タグ検索

 

下の画面がタグ一覧ページです。

カテゴリー一覧のように同じタグをつけた記事が一度に見れるので、ユーザーの回遊率が高くなります。

タグ検索

 

すもベビ

タグ検索はカテゴリー検索よりも記事を絞りこむのに役立ちます。

 

WordPressのカテゴリーとタグの使い方のまとめ

カテゴリーとタグを使い分ければ、次のようなメリットがあります。

  • カテゴリーを増やしすぎずに済む
  • カテゴリー階層を増やさずに済む
  • タグ検索を利用できる

 

カテゴリーだけで陥りやすい問題が、タグを使えば簡単に解決できます。

カテゴリーの増やしすぎや階層に悩んでいるなら、カテゴリーとタグの使い分けを意識してみましょう。