WordPressブログのカテゴリー分け:整理の仕方と名前の付け方を例を踏まえて解説

WordPressブログのカテゴリー分け

  • WordPressブログのカテゴリー分けってどうやれば良いの?
  • カテゴリーってどう整理するの?

 

すもベビ

そんな疑問にすもベビが答えます。

 

WordPressブログにはカテゴリー機能があり、ジャンルの似た記事をまとめて管理できるようになっています。

便利な機能ですが、ブロガーを悩ませるのがカテゴリー分けのやり方です。

 

  • 便利だと思って階層作ったらゴチャッとした
  • 思いつくまま作ったらカテゴリーめっちゃ多くなった
  • ピッタリなカテゴリーがなくてとりあえず「その他」に入れちゃう

こんな悩みがある人は読んでみてください。

 

この記事で分かること
  • カテゴリーってそもそも何?
  • カテゴリー分けのやり方
  • カテゴリー変更した後のこと

 

WordPressブログのカテゴリーって何?

WordPressブログのカテゴリー

ブログのカテゴリーとは、複数の記事を記事をまとめることができる機能です。

パソコンのフォルダと同じようなものだと言えば分かりやすいでしょうか。

WordPressブログのカテゴリーは、投稿した記事をカテゴライズして管理することができます。

 

カテゴリー分けをするメリットは3つ。

  • 記事を管理しやすくなる
  • ユーザビリティーが向上する
  • SEO対策になる

 

記事を管理しやすくなる

記事が増えてくると管理が大変になります。

カテゴリーを適切に設定していれば、カテゴリーごとに記事を確認することができます。

カテゴリーで検索

 

ユーザビリティーが向上する

ユーザーは何らかの目的を持って特定の記事からあなたのブログを訪問します。

検索やSNSからだと特定の記事にまずやって来ることが多いですが、その記事以外も読みたい(他の情報も知りたい)と思うことがあります。

 

そんなときにブログのサイドバーなどにカテゴリーが表示されていれば、知りたい情報を探しやすいので回遊率も上がります。

 

すもベビ

回遊率というのは、1人のユーザーがブログ内の記事をどれだけ閲覧したか示す指標です。

「PV/1回の訪問」で算出されます。

 

SEO対策になる

Googleは、検索順位を決めるのにユーザビリティーを重視しています。

ユーザビリティーを意識してカテゴリー分けを適切にすることは、SEO対策としても重要です。

 

WordPressブログのカテゴリーの作り方と選び方

カテゴリーの作り方と選び方

基本的なカテゴリーの作り方と選び方を書いていきます。

 

カテゴリーの作り方は2つ。

  • ダッシュボードから作る
  • 記事作成中に作る

 

カテゴリーをダッシュボードから作る

まずはダッシュボードから作る方法です。

画面左側のメニュー欄から①投稿→②カテゴリーと進みます。

カテゴリーの作り方

 

下の画面が表示されます。

最初に設定されているのは「未設定(削除不可)」だけなので、ブログの内容に応じて必要なカテゴリーを設定します。

カテゴリーの作り方

 

すもベビ

画像の[Uncaretorized」は日本語版では「未分類」と表示されます。

 

画面左側の①~④欄を埋めて⑤「新規カテゴリーを追加」を押します。

すると、画面右側に作成したカテゴリーが追加されます。

カテゴリーの作り方

番号 記載する内容
①名前 カテゴリー名を入力
②スラッグ 半角英数で入力
③親カテゴリー カテゴリー階層を作る場合に選択
④説明 カテゴリー一覧ページに表示する説明文を記入

必要なければ空欄でOK

カテゴリーページの上位表示を狙うなら記載

 

すもベビ

スラッグというのはカテゴリーページのURLの一部(下の画像の赤枠部分)です。

スラッグ

 

カテゴリーを記事作成中に作る

記事作成中に「この記事、新しいカテゴリーに入れたいな」と思ったら、編集画面からカテゴリーを作ることも可能です。

まず、①新規作成で記事投稿場面を開き(既に開いていれば不要)、②「新規カテゴリーを追加」を押します。

カテゴリー作成

 

下の画面が開くので①カテゴリー名を入力し、②親カテゴリーを選んで(任意)、③「新規カテゴリーを追加」を押します。

カテゴリー作成

 

投稿画面からカテゴリーを新規追加した場合、「カテゴリー名=スラッグ」になっています。

そのため、改めてカテゴリーを確認してスラッグを半角英数で入れなおす手間があります。

説明文など細かい設定もできないので、一度はカテゴリーの詳細ページを確認しておきましょう。

 

カテゴリーの選び方

記事編集画面の右側にあるカテゴリー欄から、当てはまるカテゴリーにチェックを入れるだけです。

カテゴリー作成

すもベビ

カテゴリーは複数を選ぶこともできます。

ただし、複数カテゴリーは利便性が低くなるのでおすすめはしません。

 

特定カテゴリーの記事を一覧表示する方法

特定カテゴリーの記事を一覧表示したい場合は次のとおり入力します。

https://【ブログURL】/category/【カテゴリーのスラッグ】/

 

例えば、「SNS活用(スラッグは「sns」)」のカテゴリーページにアクセスすると、次のような画面が表示されます。

カテゴリー一覧

 

記事のカテゴリーを確認する方法

ある記事のカテゴリーを確認したい場合はパンくずリストを見ます。

パンくずリストというのは、ユーザーがブログ内のどこにいるか視覚的に把握するための仕組みです。

テーマによって表示が異なりますが、一般的には記事の上部にページの階層順にリンクがリストアップされます。

 

すもブロの場合(テーマ:SANGO)は画像の位置にパンくずリストが表示されます。

パンくずリスト

 

カテゴリーの階層を作る(親子関係)

WordPressではカテゴリー間で階層(親子関係)を作ることができます。

簡単に言うと、上位のカテゴリーと下位のカテゴリーが作れるということです。

【イメージ】

カテゴリーの親子関係

 

すでに作成してあるカテゴリーを親カテゴリーにすることができます。

【カテゴリーページで親子関係を作る場合】

①親カテゴリーを選択して②「新規カテゴリーを追加」を押します。

カテゴリーの親子関係

 

【記事作成中に親子関係を作る場合】

①親カテゴリーを選択して、②「新規カテゴリーを追加」を押します。

カテゴリーの親子関係

 

親子関係を作った場合、カテゴリーページ(子)のURLは次のとおり表示されます。

http(s)://【ブログ】/category/【親カテゴリーのスラッグ】/【子カテゴリーのスラッグ】/

 

カテゴリーの親子関係

 

親子カテゴリーを作ると、ユーザーが子カテゴリーの記事にたどり着くのに手間がかかります。

ユーザーの利用しやすさを考えると、基本的には親子関係を作らない方が望ましいでしょう。

 

すもベビ

本文の説明は雑記ブログの場合です。

特化ブログの場合はサイロ型(縦にカテゴリーを並べるやり方)が採用されることが多いです。

 

ブログのカテゴリー分け:不適切な例

ブログのカテゴリー分け

やり方の面からカテゴリーの作り方と選び方を確認しました。

では、ブログのカテゴリーって実際にはどう分けて、どう整理すれば良いのでしょうか。

 

まずは不適切なカテゴリー分けの例を見ておきましょう。

カテゴリー分けのダメな例

「生活」カテゴリーに記事が集中していてバランスが悪いです

副業記事を見に来た人は「これだけしか記事ないの」とガッカリしてしまうでしょう。

 

「その他」カテゴリーに記事を入れすぎなのも問題です。

「その他」って運営者としては何でも入れられて便利ですが、ユーザーにはどんな記事が入っているか分かりません。

そのため、「その他」カテゴリーが見られることはほとんどありません。

 

他にも、次のようなカテゴリー分けは不適切です。

  • カテゴリーと記事が合ってない:「アクセスアップ」カテゴリーの中にライティング記事など
  • カテゴリーが多すぎる:メインカテゴリーは3~5つ
  • カテゴリーの階層が多すぎる:全記事が3クリック以内でたどり着けるようにするのが基本

いずれもユーザーの利用しやすさの点で問題があり、Googleにもマイナス評価されやすいです。

 

ブログのカテゴリー分け:3つのポイント(具体例つき)

ブログのカテゴリー分けのポイント

では、適切なカテゴリー分けのやり方を書いていきます。

ポイントは3つ。

  1. メインカテゴリーの数は3~5つ
  2. カテゴリーにはキーワードを含める
  3. 同じユーザーが読みそうな記事をまとめる

 

メインカテゴリーの数は3~5つ

メインカテゴリーの数は3~5つが理想です。

 

理由は5つ。

  • カテゴリーを見てブログのジャンルが分かる=専門性の評価につながる
  • Googleにもジャンルが分かりやすい(専門性があると評価されやすい)
  • サイドバーやナビドロワーで1画面に表示されて見やすい
  • カテゴリー内の記事を内部リンクで結びつけやすい
  • 運営者の管理が楽

メインカテゴリーの数が少ないと、ユーザーとGoogleに「専門性のあるブログだ」と評価されやすくなります。

ジャンルごとに関連があれば尚更です。

 

カテゴリー一覧の見やすさが向上し、内部リンクをつなげやすいというメリットもあります。

 

ブログの運営者の管理が楽というのもポイントです。

 

メインカテゴリーの数は少なければ3つ、多くても5つに絞りましょう。

 

カテゴリーにはキーワードを含める

実はカテゴリーページにもランクがつきます。

記事ページと同じくカテゴリーページもGoogleの検索エンジンに評価され、上位表示されることがあるのです。

 

ということでカテゴリーにもSEOキーワードを盛り込みましょう。

 

すもベビ

カテゴリーページの上位表示を狙う場合は、説明文も作り込む必要があります。

 

カテゴリー名の付け方

「カテゴリー名ってどうやってつけるの?」という人のために、例を示しておきます。

カテゴリー名(階層化する場合は親カテゴリー名)は、「具体的にしすぎないこと」を意識します。

ある程度の幅を持った記事を一つのカテゴリーに入れられるようにするためです。

 

カテゴリー名の付け方の流れは次のとおりです。

STEP.1
2語キーワードを選ぶ
サジェストワードからブログジャンルに合うキーワードを抽出
STEP.2
ボリュームチェック
Google Keyword Plannerでボリュームをチェック(100~1000程度を選ぶ)
STEP.3
カテゴリー名を決める
キーワードを組み合わせて10文字以下のカテゴリー名をつける

 

ユーザーに「どんなジャンルなのか」が伝わりやすいように2語を選びます。

1語だと曖昧すぎ、3語だと具体的すぎるケースが多いので、2語を基本にしましょう。

 

ボリュームが大きく競合が強いと上位表示は得られないので、100~1000くらいのキーワードを選びます。

 

また、長すぎると表示が複数行になって見栄えが悪いので、10文字以下に抑えるのもポイントです。

 

同じユーザーが読みそうな記事をまとめる

カテゴリー分けをするのはユーザーの利用しやすさを上げる(Googleに分かりやすくする)ためです。

そのためには、あるカテゴリーに興味を持つユーザーが読みそうな記事を同じカテゴリーにまとめる作業が欠かせません。

記事を作るときのように、カテゴリー分けでもペルソナ(想定上のユーザー)を意識するということです。

 

主婦ブログで「ママの日常生活」、「お出かけ」、「育児」という3つのカテゴリーを作ったとして、2つほど例を挙げて考えてみましょう。

 

例1:子連れのお出かけスポット

「子連れのお出かけスポット」という記事を書いた場合、どのカテゴリーに分類しますか。

カテゴリー分けに慣れていない人は「お出かけ」に分類しがちですが、適切なのは育児です。

 

だって、「子連れのお出かけスポット」という記事を読みそうなのは子育て中のママですよね。

そして子育て中のママが気になるカテゴリーは「お出かけ」よりも「育児」のことが多いでしょう。

だから「育児」のカテゴリーに分類するんです。

 

例2:子供を夫に預けて羽を伸ばすときに行きたい場所

「子供を夫に預けて羽を伸ばすときに行きたい場所」という記事を書いた場合はどうでしょうか。

適切なのは「ママの日常生活」です。

理由は例1と同じですね。

 

「お出かけ」カテゴリーの扱い

ここまで読んで「お出かけのカテゴリーっていらないんじゃない?」と思ったなら、カテゴリー分けのセンスがあります。

例に出したような記事を書き続ける場合、お出かけというカテゴリーは必要ありません。

タグくらいが丁度良いでしょう。

 

WordPressブログのカテゴリー分けのまとめ

カテゴリーを適切に整理すると3つのメリットがあります。

  • 記事を管理しやすくなる
  • ユーザビリティーが向上する
  • SEO対策になる

 

そして、カテゴリー分けを適切にするためのポイントも3つです。

  1. メインカテゴリーの数は3~5つ
  2. カテゴリーにはキーワードを含める
  3. 同じユーザーが読みそうな記事をまとめる

 

初心者のうちは記事更新やリライトに目が向きカテゴリーを軽視しがちです。

でも、思っている以上にユーザビリティーやSEOに影響が強いので、最初からきちんと整理しておくことをおすすめします。