ブログ開設と同時にSNSを始めて連携させるべき理由6つ:初心者におすすめのSNS

ブログ開設と同時にSNSを始めて連携させるべき理由

ブログと一緒にSNSを活用した方が良いって聞くけど、どうして?

 

すもベビ

そんな疑問にすもベビが答えます。

 

2020年にブログで成功したいなら、ブログにSNSを紐づけて連動させることは必須です。

 

なぜか?

 

ブログ×SNSによってブログ単体では難しいメリットがたくさん得られるからです。

 

すもベビ

私は、2019年3月のGoogleコアアップデートで月収が7桁割れした後にSNSを本格的に運用し始めました。

結果、半年で月収7桁を回復し、今ではPVも収益もブログ単体で運営していた頃を大きく上回っています。

 

この記事で分かること
  • ブログとSNSを同時に始めた方が良い理由
  • 初心者におすすめのSNS

 

ブログとSNSの特性

ブログとSNSの違いって何だかわかりますか?

 

最初にブログとSNSの違いを確認しておきましょう。

特性 ブログ SNS
費用 有料

(WordPressブログの場合)

無料
発信 個人的 交流
投稿 ストック型 フロー型
集客効果 中長期的 短期的
拡散力 低い 高い

 

費用

WordPressブログを運営する場合、独自ドメインやサーバーの費用がかかります。

一方のSNSは、登録無料で始めることができます。

 

発信

ブログは、個人の発信ありきです。

一方のSNSは、人とのつながりやコミュニケーションに特化しています。

他の利用者とつながり、発信・反応し合って会話のようなコミュニケーションを楽しめるのがSNSの特徴です。

 

投稿

投稿については、ストック型かフロー型かという違いがあります。

ストック型メディアのブログは、記事を書いてもすぐに効果は出ません。

 

しかし、良質な記事なら時間の経過とともに評価されて検索上位に表示され、書けば書くほどストックされていきます。

フロー型メディアのSNSでは、投稿は時間の経過とともにフィードの下へ流れて短期間でフィード上から消えます。

検索エンジンで投稿を探しても、まず見つかりません。

 

集客効果

ブログは、SEOを意識した需要のある記事なら、数年前に書いたものでも検索上位に表示され、中長期的に集客効果が見込めます。

一方のSNSは、どれだけ注目を集める投稿をしても、短期間で影響力を失います。

 

拡散力

SNSには、拡散力という大きな武器があります。

例えば、Twitterのリツイート機能は、1つのツイートを何千何万というアカウントにリーチさせるポテンシャルを秘めています。

「フォロワーがリツイート→別の誰かがさらにリツイート」という繰り返しが起こるわけです。

 

ブログにもバズるという現象がありますが、SNSはより手軽かつ簡単に拡散させることができます。

 

ブログとSNSの特性を理解した連携・使い分けが重要

同じネット上のサービスですが、ブログとSNSでは特性が全く異なります。

SNSにはブログにないメリットがたくさんあり、連携・使い分けによって相乗効果を生み出すことができます。

「ブログとSNSを連携させる」というと、「2つのサービスで同じことを発信する」と思うかもしれません。

 

しかし、大切なのはそれぞれの特性を生かした運用です。

同じ情報を発信するにしても、まったく同じ方法ではなく、特性を活かせるようにアレンジして発信する必要があります。

 

最近は、有名ブロガーがTwitterやYouTubeに進出しています。

彼らの多くは、同じ情報をブログ・Twitter・YouTubeで使いまわしています。

でも、各サービスの特性を活かして発信しているので評価されています。

 

すもベビ

私も、本業ではブログと各サービスを紐づけています。

Twitterは情報を端的に発信する、YouTubeは図表をたくさん使うといった工夫をすることで、同じ情報でも各サービスで何度も見聞きしてもらえています。

 

ブログとSNSを同時に始めて連携させるべき理由6つ

ブログとSNSの特性を踏まえると、この2つを同時に始めるべき理由は6つあります。

  1. 活発に交流できる
  2. 集客効果がある
  3. 拡散力を活かせる
  4. SEO効果が期待できる
  5. 読み手のニーズを把握できる
  6. ブランディングに役立つ

 

活発に交流できる

ブログは、書き手が発信した情報を読み手が受け取る一方通行のメディアです。

コメント欄やお問い合わせを利用して交流することは可能ですが、限定的なやりとりにとどまります。

 

しかし、SNSは違います。

人とのつながりやコミュニケーションに特化しており、幅広いユーザーとの双方向の交流が手軽に実現できます。

ブログとSNSを連携させることで、SNSで知り合ったユーザーとお互いのブログを行き来したり、情報共有したりできるようになります。

 

集客効果がある

ここ数年は、Googleコアアップデートの影響で多くのブログが検索順位の激しい変動にさらされています。

 

すもベビ

Googleという大企業の手の平で、コロコロと転がされている感じです。

私も、月100万PV・月収60万円のブログが、2019年3月アップデートの被害を受け、わずか半月で月20万PV・月収5万円まで下がりました。

 

アップデートの影響は今後も続く見込みで、検索エンジン頼みのブログ運営はリスクが大きくなっています。

そこで注目されているのが、SNSによる集客です。

SNSでブログ記事を紹介し、ブログに人を呼び込むのです。

 

フォロワーの数が多いほど、SNSで密な交流をしているユーザーが多いほど、多くのアクセスが見込めます。

私の場合、ブログと紐づけたTwitterで記事の紹介をすると、次のような流入があります。

 

  • 雑誌ブログと紐づけたフォロワー7万人のアカウント:1ツイートにつき1000~1200人
  • 特化ブログと紐づけたフォロワー3000人のアカウント:1ツイートにつき約100人前後

 

取り扱うジャンルや記事内容によって効果にバラツキがありますし、投稿時間を間違うと効果は半減します。

それでも、検索エンジンだけに頼れない状況では貴重なアクセス源となってくれます。

 

拡散力を活かせる

SNS最大の特徴は瞬間的な拡散力です。

TwitterのリツイートやFacebookのフォローで投稿が広範囲に拡散されると、一瞬であなたの認知度が跳ね上がります。

 

ブログ記事を紹介した投稿なら、大量のアクセスを発生させられます。

ブログにもバズるという現象がありますが、より簡単かつ手軽に拡散させられるのがSNSの強みです。

 

すもベビ

Twitterで何気なくした1つのツイートが5000近くリツイートされ、半日でフォロワーが350人以上増えた経験があります。

 

SEO効果が期待できる

SNS経由で大量のアクセスがあった記事は、速攻でインデックスされて検索順位も上がりやすくなると考えられています。

今の検索エンジンは、被リンクやE-A-Tなど個人では対応の難しい要素を評価する傾向があります。

 

でも、SNS流入がSEO効果を発揮するなら、ブロガーにとって一筋の光になりえます。

 

すもベビ

知り合いのブロガー間で「SEO効果がありそうだよね」と感覚的に話している程度なので、確証はありません。

何かわかることがあれば追記します。

 

読み手のニーズを把握できる

ブログ記事を書く場合に最も悩むのが、「誰に向けてどんな記事を書くか」です。

ブログ単体で運営している場合、基本的には記事内容を自分で考えて記事を書くことになります。

 

でも、SNSとブログを紐づけていれば、フォロワーと交流しながらニーズ(悩み)を把握し、記事に反映させることができます。

記事ネタは、ブログやYahoo!知恵袋、各種掲示板などにも転がっていますが、SNSなら生の声をダイレクトに拾えます。

 

フォロワーとの関係が良ければ、質問して深堀りすることも可能です。

質問を受け付ける窓口を設置しておけば、記事ネタが自分で舞い込んできてくれます。

そして、SNSで得たネタから作った記事をSNS上で紹介すれば、他の記事よりも集客効果が見込めます。

 

ブランディングに役立つ

これからのブログは、書き手の「ブランド力」がモノをいうようになります。

「この人が書いた記事だから読む」、「この人のブログで紹介されているから買う」というように、ファンを抱えたブロガーが生き残ります。

ブランディングには、自分の意見や主張を積極的に発信していく必要がありますが、これに絶大な効果を発揮するのがSNSです。

 

自分の専門性や実績・経験を発信すれば「信頼性」が高まり、「中の人」が見えるような発信をすれば「親近感」を持ってもらえます。

ブログ単体の場合、読み手には「〇〇に詳しいブログ」というように、ブログの印象が強く残ります。

でもSNSを活用すれば、「〇〇に詳しい人」としてあなた自身を評価してもらえるようになります。

 

AKB48というグループではなく、前田敦子という個人が評価され、固定のファンがついて個人ブランドができあがるというのと同じです。

 

すもベビ

有名ブログの運営者の動向をよく確認してみてください。

TwitterでもYouTubeに進出し、ブランディングに励む戦略をとっている人が多いですよね?

 

初心者がブログと同時に始めるべきSNS

SNSといっても、Twitter、Instagram、Facebookなど様々な種類があります。

 

初心者におすすめなのはずばりTwitterです。

140字という字数制限の中で意見や主張を発信するTwitter。

「小さなブログ」とも言われ、ブログとの相性の良さから多くのブロガーが利用しています。

 

初心者におすすめする理由は、次のとおりです。

  • 直感的に操作できる
  • 誰とでも手軽につながり交流できる
  • 記事の紹介が簡単
  • ブログ関連の有益情報が得やすい

 

とにかく操作が簡単で、誰とでも手軽につながって交流できるので、初心者でもストレスフリーで利用することが可能です。

自己紹介欄やツイートに記事URLを貼り付けるだけで、ブログへの集客が見込めますし、大量にリツイートされれば一気に知名度も上がります。

有名なブロガーをフォローしておけば、ブログ関連の情報が自動的に流れてきます。

 

個人アカウントとブログアカウントは分ける

Twitterとブログを紐づける場合、ブログ専用のアカウントを作りましょう。

理由は4つあります。

  • 身バレのリスクがない
  • ブログ記事のアピールがしやすい
  • ブログ関連のコメントが受けやすい
  • ネットとリアルのキャラの違いを指摘されない

私生活を切り売りするスタイルなら分ける必要はありませんが、そうでなければリスクヘッジとして分けることをおすすめします。

 

反応がないんだけど…

すもベビ

「記事URLを貼ったツイートをしたのに流入がないけど、どうしたら良い?」

初心者からよく受ける相談です。

 

事情を聴くと、フォロワーがほとんどおらず、ツイートも記事投稿しかしていない人がほとんど。

これでは反応がなくて当然です。

 

Twitterは、ユーザー同士がつながりコミュニケーションを楽しむツールです。

Twitterでブログへの集客をしたいなら、フォロワーを増やして密に交流し、関係性を深める必要があります。

ブログと同じ感覚で一方的に情報を出し続けても、反応は得られません。

 

フォロワーが少ないなら尚更です。

まずは、自分から他のユーザーと積極的に交流し、気になるツイートにはいいねやリツイートをしましょう。

アクションに気づいたユーザーは、あなたに興味を持ち、プロフィールやツイートを見て、「自分の役に立つ」と思えば反応を返してくれます。

 

つまり、まずは自分から「与える」ことで交流が生まれ、望んだアクションを起こしてもらいやすくなるのです。

 

連携するサービスが多いほど相乗効果が生まれる

初心者におすすめなのはTwitterですが、慣れてくれば他のSNSやサービスも利用してみましょう。

というのも、連携するモノが多いほどブログを成長させやすいからです。

 

すもベビ

本業で運営しているブログのいくつかは、ブログ×Twitter×note×LINE×YouTubeを連携させて運営しています。

稼ぐという点で言えば、有料noteをかけ合わせることで収益が跳ね上がります。

パクリや無益な情報が溢れかえって批判の対象になりがちな有料noteですが、本気で稼ぐなら参入を検討すべきサービスです。

 

まとめ

新たにブログを始めて稼ごうと思っているなら、SNSとの連携は必須です。

SNSとの連携で得られるメリットは大きく、稼ぐことにも貢献してくれます。

 

SNSの利用経験がないなら、手軽に始められてブログとの相性が良いTwitterがおすすめです。

ブログへの集客からブランディングまでこなせる強い武器なので、ぜひ早めに始めて使いこなしてください。