ブログ更新頻度はSEOに影響するか?初心者の目安と更新頻度を上げるコツ8つ

ブログの更新頻度とSEO

  • ブログの更新頻度ってSEOに影響するの?
  • 更新頻度ってどれぐらいが目安なの?
  • 更新頻度を上げるコツってあるの?

すもベビ

その疑問にすもベビが答えます。

 

結論から書くと、ブログの更新頻度は検索順位に影響します。

でも、更新頻度を上げれば必ず上位表示されるという単純な仕組みではありません。

 

この記事では、ブログの更新頻度がSEOに与える影響、ブログ初心者が目指したい更新頻度、更新頻度を上げるコツについて解説します。

 

ブログの更新頻度はSEOに影響する

ブログの更新頻度はSEOに影響する

冒頭で書いたとおり、ブログの更新頻度はSEOに影響します。

この結論自体は、多くのブロガーが口にしているので驚くことはないでしょう。

大切なのは、更新頻度がどのようにSEOに影響するかです。

 

ブログ記事は更新頻度よりも質が大切

まず、ブログの更新頻度を上げるだけではSEO効果はありません。

例えば、毎日1記事を更新しても、1ヶ月に1記事だけ更新しても、更新頻度だけでブログの上位表示は見込めません。

 

Googleのエライ人たちも、口をそろえて更新頻度とSEOの関連性を否定しています。

  • 毎日記事を更新することはなく、質の高い記事を書くことに専念している
  • 上位表示に重要なのは記事の質で、文字数や更新頻度は大したことではない
  • 1日に投稿すべき記事数というものは存在しない

 

彼らの発言を踏まえると、検索順位を決めるGoogleのアルゴリズムに「更新頻度」が含まれていないか、影響力が小さいと考えられます。

一方で、記事の「質」が検索順位に大きく影響するであろうことが分かります。

 

質の低い記事を書いて更新頻度を高めてもSEO効果はない

  • タイトルや本文を少しだけいじって記事の更新日時を最新にする
  • 語尾の修正、一部の画像やリンクの変更だけして更新する
  • 数文の付けたしや小規模なリライトだけをして更新する
  • コピペや過剰リライトした記事を大量に更新する
  • 1000文字以下の記事を大量に更新する

いずれも更新頻度を高めるためのアクションですが、記事の質を高めることにはならないのでSEO効果は見込めません。

 

「QDFアルゴリズムが働くんじゃないの?」と思うかもしれません。

すもベビ

QDF(Query Deserves Freshness)アルゴリズムとは、コンテンツの新鮮さを評価するアルゴリズムです。

確かに、QDFアルゴリズムの影響で質の低い記事が一時的に上位表示されることはあります。

 

でも、他のアルゴリズムによって質の低さを見抜かれ、短期間で順位を下げられてしまいます。

つまり、長い目で見たときにはSEO効果は見込めないのです。

低質な記事が多いと検索エンジンからペナルティーを受け、ブログ全体の順位が下がるリスクもあります。

 

ブログの更新頻度は間接的にSEO効果を発揮する

ブログの更新頻度のSEOへの影響は間接的

ここまで読んで、「更新頻度ってSEOに影響するって見出しと矛盾してるな」と思いましたよね。

実は、ブログの更新頻度はダイレクトにはSEOに影響せず、間接的に効果を発揮します。

間接的というのは、「更新頻度を高める→ユーザーに好かれる→検索エンジンに評価される→検索順位UP」という流れで検索順位に影響を与えるということです。

 

ブログの更新頻度が高いとファンが増える

最近のブログはファンビジネスの側面が強くなっています。

もちろん、悩みの解決のために記事を読むという人はたくさんいます。

一方で、「このブログだから読む」、「この人の書いた記事だから読む」という人が増えているんです。

 

ブログや中の人のファンは、頻繁にブログを訪れて記事を読んでくれます。

そのときに前読んだ記事しかなければガッカリし、徐々に足が遠のいてしまいます。

でも、訪問したときに新しい記事があれば嬉しくなって読み、「また見に来よう」と思ってもらえます。

 

ブログの更新頻度が高いと信頼性が高まる

先ほど、SEO効果を見込めない例の一つとしてちょっとしたリライトを挙げました。

でも、ブログ情報を最新に保つためにこまめにリライトすることは、記事やブログの信頼性を高めます。

 

ブログ情報を発信するブログを例にして考えてみましょう。

1年前から更新がストップし、今はだれも使わないようなプラグインが最新情報として掲載されていたらどう思いますか。

不信感を抱きますよね。

 

一方で、「このプラグインは脆弱性が見つかりました。今は〇〇の方がおすすめです」という最新情報が掲載されていたら安心するでしょう。

 

ユーザーは常に新しくて正しい情報を求めているので、こまめに情報を更新することで信頼性を高めることができます。

 

ユーザーに好かれると検索エンジンに評価される

検索エンジンの目的は、ユーザーに役立つサイトを上位表示して満足度を高めることです。

Googleコアアップデートもこの目的のために実施されています。

役に立つサイトを上位表示させることでユーザーの検索エンジンに対する信頼性が高まり、利用者が増えるからです。

 

そのため、更新頻度が高くてユーザーに好かれているブログは、検索エンジンにも高く評価されて上位表示されやすくなります。

つまり、ユーザー満足度の高いブログであることで間接的にSEO効果が見込めるわけです。

 

すもベビ

少し前は、更新頻度が高いとインデックスが早くなると言われていました。

確かに早くなりますが、今は記事更新→Google Search Consoleでインデックス申請という流れが定着したので、大きな影響はなくなっています。

 

初心者におすすめのブログの更新頻度

初心者向けのブログの更新頻度

ブログ初心者の場合、どれくらいの更新頻度を目指せば良いか書いていきます。

 

更新を止めるとブログはどうなるか

最初に、更新を止めてブログを放置するとどうなるか確認しておきます。

 

ズバリこうなります。

アナリティクス

最大で月70万PVを超えていたブログです。

飽きて放置したところ約1ヶ月でGoogleコアアップデートに被弾し、見事に右肩下がりを続けました。

約半年でPVはほぼ0です。

 

すもベビ

Twitterフォロワーも5000人を超える「知る人ぞ知る子育てブログ」でメディア掲載歴もあったのですが、あっという間に転がり落ちました。

 

ブログ更新頻度のおすすめ度

ブログ更新頻度とおすすめ度は次のとおりです。

更新頻度 おすすめ度
1日4回~ ×

・1日に4回以上も質の高いコンテンツを更新するのは困難

・質の高いコンテンツを大量に更新するとスパム扱いされるリスク

1日2~3回

・専業ブロガーの理想、副業ブロガーには難しい

・副業ブロガーがこのペースでコンテンツを作るとどうしても質が落ちる

1日1回(毎日更新)
・専業ブロガーの最低ライン、副業ブロガーの理想

・新聞やネットニュースのように毎日更新される安心感があり、固定のファンが増える

週2~3回
・専業ブロガーには少なめ、副業ブロガーは妥当なライン

・更新する曜日や時間帯を決めておけばファン獲得につながりやすい

週1回
・副業ブロガーの最低ライン

・週1更新を継続すればファンにも安心してもらえる

月1回
・検索順位に影響が及ぶレベル

・100記事以上あっても検索順位は徐々に下がっていく

2ヶ月1回~ ×
・更新を止めたのと同じ扱い

・記事数やコンテンツの質に関わらず検索順位が落ちる

「最初は大量に記事を書きためる必要がある」という人は多いです。

でも、記事の質が重要であることを考えると、初心者でも慣れた人でも上の表くらいの更新頻度がおすすめと言えます。

 

ブロガー属性別のブログ更新頻度の目安

上に書いたのは一般的なブログ更新頻度のおすすめ度です。

でも、専業か副業か、副業の場合はワーママか主婦など、ブロガーが置かれた状況って大きく異なります。

 

そこで、ブロガーの属性ごとに更新頻度の目安も作成しました。

ブロガー属性 目安
専業

(独身)

毎日1~3記事更新
専業

(既婚・子なし)

毎日1~3記事更新
専業

(既婚・子あり)

毎日1~2記事更新
専業

(既婚・ワンオペ)

毎日1記事更新
副業

(独身)

毎日1記事更新
副業

(既婚・子なし)

週5記事更新
副業

(既婚・子あり)

週2~3記事~週1記事更新
副業

(既婚・ワンオペ)

週1記事更新

上の表は、私が本業でコンサルをしてきた人たちの更新頻度を参考に作成しました。

30~40代が中心で、家族がいるかどうかで更新頻度が大きく違います。

 

すもベビ

私は専業(既婚・子あり)で、記事更新のペースは1日1~2記事(1記事あたり3000字程度)です。

 

記事の更新頻度か質か

繰り返しになりますが、重視すべきなのは更新頻度よりも質です。

無理して低質な記事を毎日更新するより、週2~3回でも自分が納得できる記事を更新する方が検索順位は上がりやすいです。

ユーザーにも検索エンジンにもその方が好かれるからです。

 

もちろん、質の高い記事を毎日更新できるのが理想ですが、難しいなら質を重視しましょう。

 

では記事の「質」ってなにか。

 

具体的に書き始めると1つの記事ができ上るのでポイントだけ挙げておきます。

  • オリジナリティーが高い
  • 情報の信頼性・正確性・最新性がある
  • ユーザー満足度が高い(SXOを意識している)
  • SNSなどで拡散・言及・参照されている(共感される)

これらを意識して記事を書くことで自然に「質」は上がっていきます。

 

ブログの更新頻度を上げるコツ8つ

ブログの更新頻度を上げるコツ

最後に、ブログの更新頻度を上げるコツにも触れておきます。

ブログ記事の質を維持しながら更新頻度を上げるには、記事を書くスピードを上げることが大切です。

 

ブログ初心者の多くは、1記事ごとに一から作成しています。

大雑把に言えば「キーワード選定→タイトル決め→本文作成」という感じです。

こうしたやり方が間違いとは言いませんが、記事を書くのに余計な時間と手間がかかります。

 

記事を効率的に書くには、記事作成のステップを意識しながら各過程をまとめたり、テンプレを作ったりして効率化する必要があります。

具体的には次の8つを意識しましょう。

  • ステップを意識する
  • テンプレートを作る
  • 制限時間を意識する
  • まずタイトルを決める
  • 見出しから書き始める
  • 下書きを一気に書いてから修正する
  • 画像・装飾は最後にまとめて作業する
  • 「ながらインプット」を実践する

できていますか。

もし「できてないな」という項目があれば、下の記事を読んでみてください。

私が実践している記事を早く書くコツを全てまとめてあります。

ブログ記事を早く書く時短テクニック8つ!初心者にも分かりやすく解説

 

ブログ記事の更新頻度とSEOのまとめ

ブログ記事の更新頻度は間接的にSEOに影響します。

やみくもに更新頻度を上げてもダメで、記事の質を重視しながら無理のない範囲で更新することが大切です。

 

「更新頻度>質」だと勘違いしている人もいますが、一定の質のある記事を更新して初めて検索順位が上がりやすくなります。

最初は「記事をたくさん書かないと」と思うかもしれませんが、グッと抑えて質を意識しましょう。

更新頻度と質のどちらを優先したかによって、3ヶ月~半年というスパンで見たときに大きな差になって現れますよ。