ブログのドメインの決め方とおすすめを初心者向けに解説

ブログのドメインの決め方とおすすめ

  • ブログのドメインってどうやって決めるの?
  • 「.com」とか「.net」とかたくさんあるけどおすすめってどれ?

すもベビ

そんな疑問にすもベビが答えます。

 

ドメインは、WordPressなどでブログを始めるために必要なものの1つです。

でも、どんなドメインが良いのか分からず悩む初心者は少なくありません。

 

そこでこの記事では、ドメインの決め方とおすすめについて解説します。

 

この記事で分かること
  • ドメインの決め方
  • オススメのドメイン

 

ドメインとは

ブログのドメインの決め方とおすすめ

ドメインとは、ネット上におけるブログの住所を示す文字列です。

ブログを運営するときは必ずドメインを取得することになります。

 

例えば、すもブロの場合は「sumou-baby.com」というドメインを取得しています。

そして、「https://sumou-baby.com/」というURLで運営中です。

 

ドメイン取得は早い者勝ち

ドメインは好きな文字列を自分で考えて決めることができます。

ただし、取得は早い者勝ちです。

そのため、いくら「このドメインを取得して使いたい!」と思っても、他人が取得済みのドメインは取得できません。

 

例えば「google.com」というドメインを取得したいと思っても、すでにGoogleが使っているので取得できません。

 

ドメインの決め方

ブログのドメインの決め方とおすすめ

ドメインは「.(ドット)」を挟んで2つの文字列で構成されています。

  • 「.(ドット)」の後ろ:トップレベルドメイン
  • 「.(ドット)」の前:セカンドレベルドメイン

 

トップレベルドメインの決め方

ドメインの決め方

トップレベルとメインには、「.com」を含めたくさんの種類があります。

  • .com
  • .net
  • .work
  • .jp
  • .co.jp

自分で文字列を決めることはできず、ドメイン取得サービスが取り扱う種類の中から選択します。

と言っても、数百種類もあるのでどれにするか悩む人もいるでしょう。

 

おすすめのドメイン

結論から言うと、個人が運営するブログのドメインにおすすめなのは「.com」です。

 

理由は3つ。

  • 多くの人が見慣れている
  • ユーザーから信頼されやすい
  • 安い

 

見慣れないドメインでブログを運営すると、「このブログ大丈夫かな?」、「もしかして海外のサイト?」などと不審がられます。

ブログは信頼性が何より大事です。

そのため、ドメインで不審がられると、内容が濃くてもユーザーに敬遠されてしまいます。

 

「.com」は多くのブログで使用される有名なドメインなので、ユーザーに安心してもらいやすいです。

 

また、「.com」は年間1,200円~(税込)で使用でき、他のドメインと比べてリーズナブルです。

信頼性や安心感という点では「.jp」も候補になりますが、「.com」よりも価格が高めに設定されています。

 

ドメイン 価格(1年間)
.com 760円
.net 499円
.jp 2,790円
.co.jp(企業向け) 3,660円

2020.3.20時点のお名前.comにおける価格

 

すもベビ

「.work」など価格が1円~数百円程度の安いドメインもあります。

でも安いのは1年目だけで、2年目以降に価格が跳ね上がることが多いので注意が必要です。

長くブログを運営するなら「.com」がお得ですよ。

 

セカンドレベルドメインの決め方

ドメインの決め方

セカンドレベルドメインの文字列は自由に決めることができます。

例えば、すもブロのドメインは私が「sumou-baby」という文字列を決めました。

 

ただし、多くのブロガーが実践しているおすすめの決め方があるので、最初は参考にしてみましょう。

ポイントは4つ。

  • 短めにする
  • 日本語はNG
  • 半角英語のみで作る
  • ブログのタイトルとの関係を意識する

 

短めにする

ブログのドメインは短い方が覚えてもらいやすいです。

  • sumou-baby.com
  • sumou-baby-for-blog-beginners-support.com

どちらが覚えやすいかは言うまでもありませんよね。

 

キーワードを盛り込む方がSEO効果があるという人もいますが、重視すべきは覚えやすさです。

気になるなら有名なブログのドメインを確認してみましょう。

半角英語10文字程度のドメインが多いことが分かります。

 

日本語はNG

実は、日本語の文字列でドメインを作ることもできます。

すもブロなら「相撲ベビー.com」なんてドメインにすることも可能なんです。

ネット上でも日本語のドメインを見かけたことがあるかもしれません。

 

日本語のドメインは見た人に強いインパクトを与えますし、ブログのジャンルも文字を読んで理解してもらえます。

そのため、一時期は日本語ドメインが流行った時期もありました。

 

でも、ドメインの日本語部分が文字化けするというデメリットがあります。

深刻なのが、TwitterやFacebookなどのSNSでシェアしたときの文字化けです。

SNSの投稿でドメインが文字化けすると、見た人が不審に思ってクリックしてもらいにくくなります。

 

現在は、Googleコアアップデートの影響で検索流入のハードルが上がり、SNS流入が重要になっています。

こうした状況でS、NSの投稿に貼り付けた記事リンクがクリックされにくくなるのは困りますよね。

そのため、日本語のドメインは使わないようにしましょう。

 

半角英語のみにする

ドメインには半角数字や「-(ハイフン)」も利用できます。

でも、半角数字やハイフンは打ち間違えの原因になるので使わない方が良いです。

 

と言いつつ、すもブロのドメインには「-(ハイフン)」が入っていますよね。

ハイフンや半角数字を使うのは次のような場合です。

 

  • ハイフンや半角数字を入れた方が文字列が読みやすくなる
  • 使いたかった文字列が既に取得済み

 

すもベビ

すもブロの場合「sumoubaby」より「sumou-baby」の方が読みやすいと思ってハイフンを入れました。

 

ブログのタイトルとの関係を意識する

ドメインの文字列はブログのタイトルと関連付けるのが一般的です。

その方が覚えやすくて間違えにくいからです。

すもブロの場合、ブログ名が「すもブロ」、運営者が「すもベビ」なので、どちらも連想しやすいように「sumou-baby」にしてあります。

 

すもベビ

SEO効果うんぬんの話ではありませんが、覚えやすさというのは重要な要素です。

 

ドメインが取得できるかどうか確認する

ブログのドメインの決め方とおすすめ

取得したいドメインの文字列が決まったら、取得できるかどうか確認します。

ここでは日本最大級のドメイン取得サービス「お名前.com」でドメインを取得する方法を確認していきます。

 

まず、お名前.comの公式サイトへ移動します。

①取得したい文字列を入力し、②「.(ドット)」以下のドメインを入力して③「検索」を押します。

お名前.com

 

すると、下の画面が表示されます。

お名前.com

 

チェック欄が空欄なら取得でき、「✉(メール)」や「×(バツ)」マークが付いていれば取得できません。

 

希望した文字列のドメインが取得できない場合、できることは2つです。

  • 「.(ドット)」より前の文字列を考え直す
  • 「.(ドット)」より後を変更する

 

すもベビ

ドメインが取得可能かどうかは他のドメイン取得サービスでも確認可能です。

 

ブログのドメインの決め方とおすすめのまとめ

ドメインはブログの住所です。

家を買って定住するのと同じで、一度決めたら何年も使い続けるのが一般的です。

ドメインの決め方やおすすめを踏まえて、「長く使い続けられるドメイン」を取得しましょう。

 

ドメインの決め方のポイント、もう一度おさらいしておきます。

  • .comがおすすめ
  • 短めにする
  • 日本語はNG
  • 半角英語のみで作る
  • ブログのタイトルとの関係を意識する

 

ぜひ、あなたのブログに合ったステキなドメインを取得してください。