特化サイトを作るときのポイント④

◆最初は大雑把に作る
Goプロの作り方を見ていて感じたかもしれませんが、けっこう大雑把に作っています。
ジャンルとカテゴリーは考えて作りましたが、それ以外は勢いの部分が結構あります。

・内部リンク
・外部リンク(公式などからの)
・サイト設計
記事が増えてきたら、この辺りは少しずつ作り込んでいきます。
というのも、どの記事がどれくらい上がって来るのか、現時点でそれほど予測できないからです。
ある程度のイメージは持っていますが、まあ結構外れるので、あまり期待せず、キーワードプランナーなどに表れる結果を見ながら設計します。

◆上位より少し下の個人サイトを見る
プログラミングで言えば、大きなKWの上位は企業サイトが多めになってきました。
そうしたサイトは結構当たり障りのないことを書いてあるので、正直あまり売れてないんじゃないかと思っています。
なので、KWを参考にする程度にして(Goプロではプランナーに任せていますが)、それより少し下にいる個人サイトの方を参考にしています。

というのも、高額案件になればなるほどオリジナリティやライティング力が問われるからです。
ユーザーは買って後悔したくないので、基本情報は公式やSNSで調べ、より深い情報を求めて個人サイトを見に来るというのが一般的な考え方で、そうすると、たとえ上位にいても企業サイトが書いているような当たり障りのない情報を個人サイトが書いても満足はしてもらえません。

なので、参考にするのは、それなりに上位にいるけど個人運営っぽくて、企業サイトには書けない生々しい情報(特にデメリット部分)を書いているのを参考にします。
こうしたサイトの運営者は、企業に抑圧されて上位に上り詰められない分(上がる努力はしてる)、ライティングやオリジナリティで勝負していることが多く、得るものが多いです。
特に、空レビューの場合は自分で思いつくことやアンケートで得られることに限りがあるので、こうしたサイトを見るのが効果的です。