Alt属性(代替テキスト)でSEO対策:書き方だけで上位表示される方法を解説

Alt属性(代替テキスト)でSEO対策

  • Alt属性って何?
  • SEO対策になるって聞くけど、書き方が分からない…

 

すもベビ

その疑問にすもベビが答えます。

 

Alt属性(代替テキスト)とは、画像などを説明するテキストです。

 

ネット環境が悪く画像がうまく表示されないとき、テキストが表示されることがありますよね。

あれがAlt属性に記述した代替テキストです。

 

Googleの検索エンジンのクローラーは記事をソースコードで認識します。

つまり、画像であることは認識できても、画像の内容を読み取ることはできません。

でも、Alt属性を記述しておけば画像の内容をクローラーに伝えることができます。

 

Alt属性を正しく記述すればSEO効果もあります。

ただし、書き方を間違えると検索順位を落とすリスクもあります。

 

そこでこの記事では、Alt属性のSEO効果と正しい書き方について解説します。

 

Alt属性(代替テキスト)とは

Alt属性とは

Alt属性(代替テキスト)とは、画像などの非テキストコンテンツに記述しておくテキストです。

ブログやサイトに画像を表示するときに使うHTMLタグ「img属性」の一つです。

Altと書いて「オルト」と読みます。

 

何のためにAlt属性を記述するのか。

画像の内容を理解できない次のような相手に対して、テキストで内容を伝えるためです。

  • ネット環境の悪い場所にいて、記事の画像が表示されず困っているユーザー
  • 視覚障がい者の方
  • Googleなどの検索エンジン(クローラー)

 

Alt様式の記述

 

「alt””」の部分がAlt属性です。

「画像の説明テキスト」に記述するのが代替テキストです。

 

「ややこしいな」と思った人も大丈夫です。

WordPressではAlt属性(代替テキスト)を簡単に記述できるフォームがあるので、誰でも迷わず設定できます。

 

すもベビ

後ほど詳しく解説します。

 

Alt属性(代替テキスト)の効果3つ(SEO対策)

Alt属性(代替テキスト)のSEO効果

Alt属性(代替テキスト)の効果は3つ。

  • 代替テキスト
  • 補助テキスト
  • SEO対策

 

代替テキスト

ネット接続の影響で画像が読み込まれなかった場合、設定しておいたAlt属性が代替テキストとして表示されます。

画像にわかりやすいファイル名を付けて、alt 属性の説明を入力します。「alt」属性を使用すると、何らかの理由で画像を表示できない場合の代替テキストを指定できます。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

 

Alt属性が設定されていないと、画像が表示されるはずのスペースが空白になります。

記事内の重要な図表やイラストが表示されないとユーザーにストレスを与え、離脱の原因になってしまいます。

 

離脱率が上がると検索順位にも影響を及ぼすリスクがあります。

 

補助テキスト

視覚障がい者の方は、ブログやサイトの内容について、音声ブラウザなどテキスト情報を読み上げるサービスを利用して「聴いて理解」します。

 

でも、音声ブラウザなどは画像や動画といった非テキストコンテンツを音声に変換することができません。

そのためユーザーは「何の画像なんだろう?」と気になってストレスを感じます。

そして、ユーザビリティーが悪いと検索結果にも悪影響を及ぼすリスクがあります。

 

そこで役立つのがAlt属性(代替テキスト)です。

Alt属性は画像の情報を記述したテキストなので、音声ブラウザなどが音声に変換できます。

Googleも、Alt属性の補助テキストとしての役割を公表しています。

この属性を使用するのは、ユーザーがスクリーン リーダーのようなサポート技術を使ってサイトを閲覧する場合に、alt 属性の内容が画像についての情報を提供するためです。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

 

SEO対策

検索エンジンのクローラーは、画像の内容を読み取って収集することができません。

画像であると認識はしますが、内容は分かりません。

 

でも、Alt属性を記述しておけば画像の内容を理解できるようになります。

結果、Googleの画像検索などに記事の画像が表示されるようになり、検索エンジンの画像検索からアクセスを呼び込めるようになります。

 

【画像検索】

画像検索

 

ブログ初心者のうちは、検索流入からアクセスを呼び込むのは簡単ではないので、画像検索という流入経路を増やすことは重要な意味を持ちます。

画像検索は通常の検索ほど競合が強くないこともあり、初心者でも記事の画像を上位表示しやすいです。

画像のファイル名と alt テキストを最適化すると、Google 画像検索のような画像検索プロジェクトが画像を適切に理解しやすくなります。

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

 

Alt属性(代替テキスト)の書き方

Alt属性の書き方

Alt属性(代替テキスト)の書き方を解説していきます。

 

Alt属性を記述する場所

Alt属性はメディアの編集画面で記述します。

ダッシュボードか記事エディター(編集画面)からメディアを選び、「代替テキスト」欄にAlt属性を記述します。

Alt属性の書き方

 

Alt属性(代替テキスト)の正しい書き方

Alt属性の正しい書き方で意識しておきたいのは2つです。

  • 画像と関連性のある内容を書く
  • 簡潔に書く

慣れると簡単ですが、間違った書き方をしているブログをよく見かけます。

 

Alt属性(代替テキスト)の間違った書き方

他のブログを見ていて気になるAlt属性の間違った書き方は次の5つです。

  • 書いてない
  • キーワードの羅列
  • 意味不明なテキスト
  • 記事タイトル並みに長い
  • 画像と関係のないテキスト

 

Alt属性を記述していないブログは未だによく見かけます。

でも、SEOの観点からリスクが大きいのは他の4つです。

いずれも検索エンジンの評価が下がるリスクがあるので、早めに修正しておきましょう。

 

すもベビ

キーワードの羅列は少し前に流行りましたが、今はSEO上の効果はなく、ペナルティーの対象になることすらあります。

 

Alt属性の書き方の具体例

下の画像を例にして、Alt属性の書き方を確認していきます。

力士の格好をした赤ちゃん

私を知っている人は「あ、すもベビだ」ってなりますよね。

でも、検索エンジンのクローラーには400×400の画像としか認識できません。

 

正しい書き方

力士の格好をした赤ちゃん

画像と関連性があって簡潔に内容が伝わりますよね。

 

間違った書き方①

書いてない:空欄

何も書かないと検索エンジンには画像の内容が伝わらず、画像検索には表示されません。

 

間違った書き方②

キーワードの羅列:力士 相撲 赤ちゃん 半裸 髪の毛少ない

一つひとつのキーワードは画像の内容と関連していますが、羅列はペナルティーを受けるリスクがあります。

具体的に言うと、キーワードの詰め込みすぎはスパム認定を受けるリスクが高いです。

 

間違った書き方③

意味不明なテキスト:バブバブバブバブバブバブバブバブ

こんなAlt属性を記述したら、Googleの検索エンジンがビックリしてしまいます。

画像の読み込みがうまくいかないときも、Alt属性を見たユーザーが混乱するはずです。

 

間違った書き方④

記事タイトル並みに長い:力士のような風貌をした半裸で髪の毛の少ない赤ん坊がテッポウのポーズを…

Alt属性は簡潔に書くのが原則です。

たとえ画像の内容を詳しく説明できていても、長すぎるとユーザーや検索エンジンには優しくありません。

 

間違った書き方⑤

画像と関係のないテキスト:ムッキムキのアメコミヒーロー

関係ないテキストは論外です。

「キーワードを書いておけば良い」とか「見出しをコピペすれば楽」という人もいます。

でも、関連性のないテキストを記述すると、高い確率でペナルティーを受けて順位を下げます。

 

内容のない画像のAlt属性は空欄にしておく

内容のない画像というのは、次のような画像です。

  • 装飾だけを目的とした画像
  • 罫線や付せん

こうした画像については、Alt属性に記述することがないので空欄にしておきます。

ポイントはAlt属性は残して””内を空欄にすることです。

 

すもベビ

Alt属性を記述しないと、音声ブラウザなどが画像として読み上げることがあります。

 

Alt属性(代替テキスト)でSEO対策のまとめ

Alt属性(代替テキスト)は、Googleの検索エンジン(クローラー)に画像の内容を理解させるのに必要な記述です。

正しい書き方をすれば画像検索で上位表示され、ブログのアクセスアップにつながります。

ただし、間違った書き方をするとペナルティーを受けるリスクがあるので、正しい書き方を覚えて実践しましょう。